このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

性能も機動力も最高峰! 「VAIO Z」ロードテスト第2回

カスタム化と「Power Media Dock」で格段に高性能化するVAIO Z

2012年02月21日 21時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーの「VAIO Z」は、第1回で紹介したように、そのデザインや携帯性の魅力となっているが、パーツ性能の高さも見逃せない。店頭モデルではスペックが固定されているが、直販サイト「ソニーストア」限定販売のVAIOオーナーメードモデル「」なら、CPUやストレージ、光学式ドライブなどを用途や予算に合わせて自由にカスタマイズできる。最上級パーツを選んで、スペックにとことんこだわれる。第2回はこのスペックについてと、「Power Media Dock」を取り上げよう。

直販サイト「ソニーストア」限定販売のVAIOオーナーメードモデル「VPCZ23AJ」
試用機の主なスペック
製品名 VAIO Z
型番 VPCZ23AJ(Silver)
CPU Intel Core i7-2640M(2.8GHz)
メインメモリー 8GB
ディスプレー(最大解像度) 13.1型ワイド(1600×900ドット)、LEDバックライト
グラフィックス機能 AMD Radeon 6650M(1GB、Power Media Dock接続時)、Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
ストレージ 256GB 第3世代SSD(128GB×2)
光学式ドライブ Blu-ray Discドライブ(Power Media Dock接続時)
インターフェース USB 2.0端子、アナログRGB端子、HDMI端子、USB 3.0(Power Media Dock接続兼用)。Power Media Dock接続時は、USB 3.0端子、USB 2.0端子×3、アナログRGB端子×2、HDMI端子×2
本体サイズ/重量 約幅330×奥行き210×高さ16.65mm/約1.165kg、Power Media Dock:約幅148×奥行き220×高さ16.65mm/約685g
バッテリー駆動時間 約9時間
OS Windows 7 Ultimate SP1(64bit)

「VAIO Z」を買うなら、スペックにトコトンこだわる!

 繰り返しになるが、VAIO Zの魅力は、高性能にとことんこだわれる点にある。直販サイト「ソニーストア」を利用すれば、VAIOオーナーメードモデル「VPCZ23AJ」をベースにCPUやストレージなどを自由に指定可能で、一般的な13型ノートではありえないほど性能の高い製品が手に入る。

ソニーの直販サイト「ソニーストア」。パーツを自由にカスタマイズできる「VAIOオーナーメードモデル」を購入できるほか、お得なキャンペーンが開催されていることもある

 VAIO Zに用意されているBTOメニューは実に豊富だ。CPUやストレージ、光学式ドライブなどの基本パーツはもちろん、キーボードの文字配列や通信機能、プリインストールソフトなど、さまざまなオプションが用意されている。後で周辺機器を買い足すよりもお手軽なので、ぜひ活用したい。

 用意されているオプションがあまりにも豊富なため、パーツの種類と価格を瞬時に把握できるシミュレーションページが用意されている。まずここから、好みのパーツを選択するといいだろう。オススメの構成も用意されているので、参考にするのもアリだ。選択した構成は、シミュレーターからそのまま購入できる。

ソニーストアのVAIO Z価格シミュレーションページ。オプションの種類を選択すると、瞬時に価格に反映される「カスタマイズ/購入」ページでは、各パーツの詳細を確認できる。各オプションの詳細を確認しながら、パーツを選択することが可能だ。またキャリングケースやBluetoothマウスなど、関連商品も追加できる

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン