このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ソニー、13.3型ノート「VAIO S」のIvy搭載夏モデル

2012年06月04日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは、「VAIO S」シリーズの13.3型ノートモデル新製品を発表した。ラインナップは、VAIOオーナーメードモデルのみの「VAIO Sシリーズ13P」(SVS13A1AJ、以下VAIO S 13P)、店頭モデルの「VAIO Sシリーズ13」(「SVS13119GJB」「SVS13118FJB・S・P」、以下VAIO S 13)。発売は6月9日予定。VAIO S 13Pの直販価格は11万9800円から。VAIO S 13の価格はオープンプライスで、店頭想定価格はそれぞれ約15万円と約13万円。

「VAIO Sシリーズ13P」

「VAIO Sシリーズ13」

 VAIO S 13Pのラインナップは、仕様をカスタム化可能なVAIO・OWNER・MADEモデル「SVS13A1AJ」のみ。VAIO S 13は、Core i7-3520M(2.9GHz)採用の上位モデル「SVS13119GJB」、Core i5-3210M(2.5GHz)採用の下位モデル「SVS13118FJB・S・P」となっている。インターフェースを手軽に増設できるHDD内蔵ポートリプリケーター「VGP-PRS30」も用意された(価格1万9800円)。

HDD内蔵ポートリプリケーター「VGP-PRS30」。500GB HDD内蔵。USB 2.0端子×3、有線LAN(1000BASE-T)×2、HDMI端子を搭載

 夏モデルでは、2種類のグラフィックス機能を切り替えられる「パフォーマンス・スイッチ」が強化され、CPU内蔵のみ搭載時も「SPEED」モードが利用できるようになった。SPEEDに変更すると、「OS Plan」がハイパフォーマンス、「ファンコントロール」がバランスの状態となる。

 また、シリーズ共通でスロットインタイプの光学式ドライブを内蔵。ボトム部分がフラット化したことで本体剛性が強化された。HDDプロテクション機能も第4世代となり、傾きセンサーによる衝撃回避が可能だ。

 このほか、スタンバイ機能「Rapid Wake + Eco」を採用し、液晶を開けるとすぐに作業を再開可能。ソニー独自のデータ保護ソリューションにより、液晶を閉じた直後に作業状態をキャッシュとして保存するため、電源が落ちてしまってもデータが失われることはない。

ソニーストア

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画