このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

性能も機動力も最高峰! 「VAIO Z」ロードテスト第8回

驚異の15時間駆動!! VAIO Z用「シートバッテリー」は買いだ

2012年04月24日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーの「VAIO Z」は、約9時間のバッテリー駆動時間(カタログ値)を誇るモバイル性能に優れたハイエンドモバイルノートだ。さらに、オプションとして用意されている「Zシリーズ用シートバッテリー」(VGP-BPSC27)を追加することで、より長時間の駆動が可能になる。

 Zシリーズ用シートバッテリー(VGP-BPSC27)は、直販サイト「ソニーストア」での直販価格は1万9800円とお手ごろで、あとから購入することが可能だ。外出先での利用はもちろんのこと、夏の計画停電の話が出てきた今こそ、VAIO Zをより活用するためにぜひチェックしてほしい。

標準仕様(店頭)モデル「VPCZ239FJ/B」。ドッキングステーション「Power Media Dock」が付属する。本体カラーはブラックのみ
試用機の主なスペック
製品名 VAIO Z
型番 VPCZ239FJ/B(Black)
CPU Intel Core i5-2450M(2.5GHz)
メインメモリー 4GB
ディスプレー(最大解像度) 13.1型ワイド(1600×900ドット)、LEDバックライト、低反射コート
グラフィックス機能 AMD Radeon 6650M(1GB、Power Media Dock接続時)、Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
ストレージ 128GB 第3世代SSD RAID(64GB×2)
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(Power Media Dock接続時)
本体サイズ/重量 約幅330×奥行き210×高さ16.65mm/約1.165kg、Power Media Dock:約幅148×奥行き220×高さ16.65mm/約685g
バッテリー駆動時間 付属バッテリーパック:約9時間、別売バッテリーパック:約9時間(内蔵用)、約17.5時間(内蔵用+拡張用)
OS Windows 7 Home Premium SP1(64bit)

持ち運びやすさを損なわない
スリムなシート状バッテリー

 シートバッテリーの特徴は、形状が板のように薄い点だ。サイズは約幅327.6×奥行185.3×高さ7.6mmで、フットプリントはVAIO Zよりもやや小さい程度。A4サイズの雑誌のようなイメージである。

「Zシリーズ用シートバッテリー」(VGP-BPSC27)。VAIO Zよりもひと回り小さく、高さも7.6mmと薄い。別シリーズのシートバッテリーも存在するため、購入時には型番などに注意

 シートバッテリーはVAIO Z本体の底面にピッタリと付けて装着し、ふたつのネジで固定する仕組みだ。ノート用の拡張バッテリーと言えば装着時に本体が傾いて使いづらくなるものもあるが、シートバッテリー装着時は本体の高さがやや増すだけで、使い勝手はまったく変わらない。

VAIO Z本体底面のフタを外し、シートバッテリーと接続する。外したフタをなくさないように注意しよう
本体とシートバッテリーは、ふたつのネジで固定する

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン