このページの本文へ

ウイルス/スパイウェア対策、盗難時の情報漏えい対策などを搭載

Android用のエフセキュア モバイル セキュリティ登場

2011年02月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月10日、エフセキュアはAndroid向けのセキュリティソリューション「エフセキュア モバイル セキュリティ」を4月中旬頃に発売すると発表した。

エフセキュアはフィンランドに本社を置くセキュリティベンダーだ。サービスプロバイダをパートナーとし、セキュリティソリューションをサービスとして提供する「SaaS (Security as a Service)」をワールドワイドで展開している

 エフセキュア モバイル セキュリティの主要機能は、

  1. ウイルス/スパイウェア対策
  2. 盗難対策機能
  3. ブラウザ保護
  4. ペアレンタルコントロール

の4種類。盗難対策機能では、紛失・盗難時の位置情報の特定、遠隔からのデータ消去、操作ロックなどを提供する。

 法人による導入やサービスプロバイダ経由で提供されるエフセキュア モバイル セキュリティは、管理ポータル上で、セキュリティ情報やライセンスの設定・監視を一括して行なえ、ユーザーの利用状況をリアルタイムに取得できる。さらに、管理ポータル上のモバイルメッセージング機能により、ユーザーごとにメッセージを送信することも可能だ。

 価格や対応プラットフォームなどは、今後明らかにされる予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ