このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第181回

アウディ「e-tron 50 quattro advanced」は静かで大きくて速いという全部入りEV

2021年12月25日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●寺坂ユミ(@129Ym_afilia)編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アウディ「e-tron 50 quattro advanced」(1069万円)

 試乗取材の度に「静かな方がイイ」「大きなフロントグリルが好み」「大きなSUVに乗ってみたい」との要望が出てくる、ASCII.jp自動車部のゆみちぃ部長。ということで、ゆみちぃ部長の夢を一気に叶えるクルマを試乗してもらうべく用意したのが、アウディ「e-tron 50 quattro advanced」(1069万円)です。

巨大なボディーを軽々動かすEV

 ゆみちぃ部長は世を忍ぶ仮の姿、本職はアイドルユニット「純情のアフィリア」の10期生である寺坂ユミさん。週末のイベント(コンサート)に向けて、平日はダンスレッスンにボーカルレッスンと日々鍛錬を積まれています。そんなボーカルレッスンの先生が当連載を読まれているらしく、ゆみちぃ部長に「ユミさんは色々なクルマに乗られてうらやましいわねぇ」と言われたのだとか。そんな先生が気になる1台は、なんとアウディのSUV、しかもEVに興味津々らしいのです! 期せずして、ゆみちぃ部長だけでなくボーカルレッスンの先生までもが、大きなフロントグリルのSUV、しかも静かなクルマがお好きという事実に驚く部員たち。

全幅1935mm×全高1630mm

全長4900mm×全高1630mm

EV車ゆえマフラーはない

 ということで「EVだから静か」「アウディだから大きなグリル」「全長×全幅×全高=4900×1935×1630mmというビッグボディー」の「e-tron 50 クワトロアドバンスト」をご用意しました。ですが、希望の三拍子が揃ったクルマであるにも関わらず「これ、本当に運転するんですか? めっちゃデカいんですけれど」と完全に怖気づいてしまったゆみちぃ部長。

試乗車の広報資料

 さらに怖気づいてしまったのが1069万円というお値段。「高っ! 過去の試乗取材の最高額で大台じゃないですか!」と完全にビビるゆみちぃ部長。それに追い打ちをかけるたのが部員Kの「事故ったら買取ですから」のひと言。「払えません」ときっぱり断るものの、「では事務所に立て替えもらいましょう」と伝えると、今度は同行マネージャーのK氏が「その時は、月々10万円の107回天引きということで」と鬼のひと言。「ぶつけたら、あと10年事務所で働かないとダメじゃないですか!?」というわけで、ゆみちぃ部長の今後を大きく左右する試乗取材となりました。

e-tron 55 Sportback

e-tron 55 Sportback

 アウディは2026年以降に発売する新型車はEVのみとし、33年を最終期限に内燃エンジンの生産を段階的に終了することを表明するなど、クルマの電動化にまい進する企業。現在同社のEV車は、27個のバッテリーモジュールを搭載し総電力量71kWhのe-tron 50と、36個のバッテリーモジュールで95kWhの容量を確保したe-tron 55、そしてスポーツモデルのe-tron GTという3車種をラインアップしています。そんなe-tron 50とe-tron 55には、スポーツバックと呼ぶ後端がスラントしたモデルとSUVの2タイプが用意されています。今回試乗したのはSUVモデルですが、スポーツバックとは荷室部の高さが異なる以外、外観上の大きな差はありません。

 その荷室ですが、660から1725リットルと文句ナシの大容量。ただし床は互角、底面長は1mをゆうに越しています。ちなみに開口部も1mを超えているので、大きな荷物の収納もラクかも? もちろんパワーゲートを搭載しています。にしても、バックドアを開けた状態だとゆみちぃ部長が手を伸ばしても届かないほど!

アームレストを出してリラックスする有閑ゆみちぃ部長

 感動的なのは後席の広さ。「ちょっと凄すぎて、言葉が出ませんね。さすが、いっせんまんえん!」とゆみちぃ部長は感動しっぱなし。後席に乗ってもらい、ロケ地まで向かったのですが「静かだし、席は広いし、なにより乗り心地が抜群にイイ! めっちゃ快適!」と感心しきり。マネージャーのK氏も「電気自動車は初めて乗るのですが、ホントにいいですね。アウディは買えないですけれど、ほかのモデルもこんな感じなんですか?」とコメント。後席にはエアコン操作のタッチパネルディスプレイのほか、USBポート(TYPE-C)が用意されており、ゆみちぃ部長とマネージャー氏は、スマホをつなげてガンガン充電。「足元が広いですから、カバンを床面においても窮屈じゃないんですよ。いいなぁコレ」と、心が奪われるマネージャー氏。給料天引きでアウディをお買い上げするのは、ゆみちぃ部長ではなく、まさかのマネージャー氏なのか?(笑)

 目的地に着いたところで、運転席をチェック。「これまたすごい! ディスプレイだらけ」というわけで、タブレットやスマホが大好きなゆみちぃ部長のハートをガッチリキャッチ。「運転席のメーターパネルが液晶画面で、しかもナビが表示される! これは見やすい!」と、アウディ自慢のバーチャル・コクピットに興味津々。「大まかなルートはセンターコンソール側で表示して、細かな部分はメーターパネル側で表示するといいかも!」と色々ペタペタ。若いゆえか、それとも普段からタブレットに慣れているのか、すぐに使いこなしていました。

 「この白いレザーにオレンジのステッチがオシャレ!」というゆみちぃ部長。「さすが1000万円ですね」とニコニコしていたのですが、実はこれ、オプションのコンフォートパッケージのシート。お値段なんと110万円! 「このシート、そんなに高いんですか?」と大きな目を見開くゆみちぃ部長。「輸入車の取材って、なんか金銭感覚がおかしくなりますね」と本音がポロリ。

 さらにゆみちぃ部長を驚かせたのが、オプション(26万円)のバーチャルエクステリアミラー。「サイドミラーがカメラなんですね! でもなんで?」と素朴な疑問が。これが雨や夜になると効果を発揮。実に見やすいのです。地方イベントの度に荷物満載のハイエースで東奔西走するマネージャー氏も「夜の雨の高速とかホントに見づらいですからね」とシミジミ。これは経験した者でないとわからない話です。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ