このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新車を買った情報2020 第64回

マツダ ロードスターRFのタイヤを替えた こういうのでいいんだよ

2020年10月10日 12時00分更新

文● 四本淑三 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■空気圧の設定と管理はちょっとシビア

 もちろんこのタイヤも良いところばかりではありません。

 まずポテンザ時代のような無茶は禁物。割り込み車両を回避するため、時速70キロくらいから強めのブレーキを踏んだところ、このクルマで初めて短いスキール音を聞きました。このタイヤのウリはウエット路面でのブレーキング性能ですが、ドライ路面の制動はトレッドの見た目通りと思って使っています。

 そしてデイリーユースのタイヤとしては減るのが早そう。タイヤ側面に印字された「TREADWEAR」は240。これは大きいほど減りにくいという数字ですが、ポテンザ S001は280でしたから、なんとあのポテンザより早く減ってしまうのです。マジですか。

 最後に、空気圧がシビア。特に高めに入れると中立付近が軽くなり、中央不感帯のような領域ができてしまう。「どうせ減るものだから多めに入れとこう」という、今までのようなズボラな空気圧管理ではイカンわけです。

 そこで管理を簡単にするため、マキタの便利な空気入れを買ってしまいました。コードレスで、かつ設定した空気圧で止まるので、DC12Vの車載コンプレッサーより楽チン。

 この面倒くさい空気圧の話は、エクストラロード規格共々、またいずれ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ