このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第269回

ベンチマークでわかったGTX 1660 Ti寄りの性能

GeForce GTX 1660 SUPERと1650 SUPER発表、“中原の覇者”はNVIDIAか?

2019年10月29日 22時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最新タイトルでもGTX 1660 SUPERの性能を試す

 ここからは直近の大型/注目タイトルを中心にテストしてみよう。まずは「Borderlands 3」だ。APIはDirectX 12とし、画質は最も重い“バッドアス”とした。ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測しているが、最小フレームレート(1%)はログから手動で求めている。

「Borderlands 3」DirectX 12モード、1920×1080ドット時のフレームレート

「Borderlands 3」DirectX 12モード、2560×1440ドット時のフレームレート

「Borderlands 3」DirectX 12モード、3840×2160ドット時のフレームレート

 このゲームでもCUDAコアの少なさがGTX 1660 Tiとの差をより際立たせている。とはいえ、バッドアス設定だとかなりのヘビー級のゲームになるため、今回試したどのGPUでも平均60fpsには遠く及ばなかった。ミドルクラスのGPUで遊ぶには、画質はもっと大胆に下げる必要があるだろう。

 ちなみに、今回のテスト環境ではGTX 1660 Tiと1660が4K設定でフリーズしてしまったところ、GTX 1660 SUPERだけは動作したのだが、β版ドライバーだったからかもしれない。とはいえ、動作したところで平均約3fpsと紙芝居状態なのだから意味はないが……。

 続いては「GHOST RECON BREAKPOINT」を試してみよう。画質は“ウルトラ”とし、内蔵ベンチマーク機能を利用して計測した。

「GHOST RECON BREAKPOINT」1920×1080ドット時のフレームレート

「GHOST RECON BREAKPOINT」2560×1440ドット時のフレームレート

「GHOST RECON BREAKPOINT」3840×2160ドット時のフレームレート

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中