このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第269回

ベンチマークでわかったGTX 1660 Ti寄りの性能

GeForce GTX 1660 SUPERと1650 SUPER発表、“中原の覇者”はNVIDIAか?

2019年10月29日 22時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Apex Legends」もGTX 1660 Ti寄り
「MONSTER HUNTER: WORLD」ではややトーンダウン

 続いては描画負荷が軽めの「Apex Legends」で検証しよう。画質は全設定を最高設定とし、トレーニングステージにおける一定のコースを移動した際のフレームレートを「CapFrameX」で測定する。

「Apex Legends」1920×1080ドット時のフレームレート

「Apex Legends」2560×1440ドット時のフレームレート

「Apex Legends」3840×2160ドット時のフレームレート

 こちらは全体的に差が小さいが、最高画質設定だと144fpsで頭打ちになるので、高パフォーマンスが出せるGPUほど不利となる。ゆえに、フルHDだとGTX 1660 SUPERとGTX 1660の性能差がかなり縮まってしまうのだ。しかし、解像度が上がるとGTX 1660と1660 SUPERの力の差、すなわちメモリー帯域の強さが出始めて再び差は開く。

 Apex Legendsとは逆に重めのアクションゲームの代表として「MONSTER HUNTER: WORLD」で試してみよう。画質は“最高”設定とし、集会エリア内の一定のコースを移動した際のフレームレートを「CapFrameX」で計測した。

「MONSTER HUNTER: WORLD」1920×1080ドット時のフレームレート

「MONSTER HUNTER: WORLD」2560×1440ドット時のフレームレート

「MONSTER HUNTER: WORLD」3840×2160ドット時のフレームレート

 フルHD設定で平均60fpsを超えたのはGTX 1660 SUPERと1660 Tiの2つだが、このゲームでは両者の力の差が3DMarkやFF14より広がっている(GTX 1660 Tiに対して約7%減)。これはおそらく、ビデオメモリーへのメモリー転送性能が効く場合は差が小さく、逆にCUDAコア依存度の高い場合は差が大きくなるということだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中