このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第93回

新サービス「Azure VMware Solutions」が利用可能

SQL DB Edge、Blockchain Serviceを発表、Azure ML、Cognitive Servicesも大幅強化

2019年05月06日 13時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2019年4月28日~2019年5月4日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure VMware Solutionsを発表、サービス開始

 4月29日~5月2日に米国ラスベガスで開催された「Dell Technologies World 2019」カンファレンス]で、Dell TechnologiesとMicrosoftの提携強化が発表されました。

 新たに発表された「Azure VMware Solutions」は、AzureにデプロイされたVMware Cloud Foundation上に構築されています。Azure VMware Solutionsを使うと、オンプレミスのvSphereを始めとしたVMwareワークロードの、Azureへの移行や拡張が可能になります。

 Azure VMware Solutionsは、VMware Cloud VerifiedパートナーであるCloudSimple、Virtustreamとともに開発された、Microsoft自身によるファーストパーティーサービスです。Azure VMware Solutionsでは、シングルテナントで専有型のベアメタルハードウェア上で動作し、99.9%のSLAを提供します。

 Azure VMware Solution by CloudSimpleは、米国東部、米国西部リージョンで、現在利用可能です。間もなく、ヨーロッパ西部リージョンで利用可能になる予定です。

 Azure VMware Solution by Virtustreamは、年内に利用可能になる予定です。

 また、VMWare Workspace ONEをMicrosoft 365(Microsoft Intune、Azure Active Directory Premiumなど)と統合する計画、VMware Horizon Cloud on Microsoft Azureを活用したWindows Virtual Desktopの機能拡張の計画も発表されています。

Azure VMware Solution by CloudSimple

Azure Machine Learning:自動機械学習UI、ビジュアルインターフェイス、MLOpsなど

 Azure Machine Learning(Azure ML)は、機械学習の開発と実行のためのプラットフォームを提供します。Azure Machine Learningには、Azure Machine Learning StudioAzure Machine Learningサービスという2つのサービスがあります。

 5月6日~8日に開催されるBuild 2019カンファレンスを前にして、Azure Machine Learningサービスで、次のアップデートがありました。

  • 自動機械学習のUI(プレビュー)
  • ビジュアルインターフェイス(プレビュー):Azure Machine Learning Studioに似た、コードなしのモデル作成/デプロイのエクスペリエンス
  • 機械学習ノートブック(プレビュー):コードファーストの開発エクスペリエンス
  • MLOps機能:Azure DevOps統合によって、機械学習ライフサイクルの再現性、監査性、自動化を実現
  • FPGA上で動作するハードウェア高速化モデルがGA(一般提供)に
  • モデル相互運用性
  • NVIDIA TensorRT/Intel nGraphでのONNX Runtimeのサポート
  • 新サービス「Azure Open Datasets」(プレビュー)

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Machine Learningサービスのビジュアルインターフェイス

Azure Cognitive Services:Personalizer、Ink Recognizer、Form Recognizerなど

 Azure Cognitive Servicesは、画像認識、音声認識、自然言語処理といった、AIを活用したAPIサービスです。

 Build 2019カンファレンスを前にして、Azure Cognitive Servicesで、次のアップデートがありました。

  • Azure Cognitive Servicesのカテゴリとして、新たに「決定」(Decision)を追加
  • 決定カテゴリのサービスとして、既存のContent Moderator、Anomaly Detector(プレビュー)に加えて、新たに、強化学習ベースのパーソナライズを可能にする「Personalizer」を追加(プレビュー)
  • 視覚カテゴリの新サービスとして、デジタルインクの認識を行う「Ink Recognizer」、ドキュメントからのデータ抽出を行う「Form Recognizer」を追加(プレビュー)
  • 視覚カテゴリのComputer Visionで、Read APIがGAに
  • 音声カテゴリのSpeech Servicesで、会話書き起こし機能がプレビューに
  • 音声カテゴリのSpeech Servicesで、ニューラルText-to-Speech機能、Speech Service Device SDKがGAに
  • 言語カテゴリLanguage Understandingで、新しい分析ダッシュボードが利用可能に
  • 言語カテゴリのQnA Makerが、マルチターンダイアログをサポート
  • 言語カテゴリのText Analyticsで、名前付きエンティティ認識がGAに
  • Azure Cognitive Servicesコンテナーが、Anomaly Detector、Speech Services(Speech-to-Text、Text-to-Speech)、Form Recognizerをサポート

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Cognitive ServicesのForm Recognizer

Azure Bot Service:アダプティブダイアログ、言語生成パッケージ

 Azure Bot Serviceは、チャットボットの開発フレームワーク「Microsoft Bot Framework」ベースのチャットボットをホストするためのサービスです。

 Build 2019カンファレンスを前にして、Azure Bot Serviceで、次のアップデートがありました。

  • アダプティブダイアログ
  • 言語生成パッケージ
  • エミュレーターの改善

 詳細は、次のページをご覧ください。

 Azure Searchは、フルテキスト検索サービスです。

 Build 2019カンファレンスを前にして、Azure Searchで、次のアップデートがありました。

 2018年5月のBuild 2018カンファレンスでパブリックプレビューになっていたAzure SearchのCognitive Search(コグニティブ検索)機能が、GAになりました。

 Cognitive Searchで、次の新機能も提供されました。

 詳細は、次のページをご覧ください。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事