このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第101回

Azure Event Gridが大幅に機能強化

NFSベースのファイルストレージ「Azure NetApp Files」がGA

2019年07月01日 10時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2019年5月26日~2019年6月1日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure NetApp Files:GA

 Azure NetApp Filesは、NFSベースのファイルストレージサービスです。

 2018年7月にパブリックプレビューになっていたAzure NetApp Filesが、GA(一般提供)になりました。現時点では、米国、ヨーロッパの5リージョンで利用可能です。

Azure Virtual Machines:Mv2シリーズ

 IaaSの仮想マシン(VM)機能を提供するAzure Virtual Machinesで、5月のSAP Sapphire NOW 2019カンファレンスで発表されていた通り、Mv2シリーズがGAになりました。

 Mv2シリーズは、ハイパースレッドのIntel Xeon Platinum 8180M 2.5GHz(Skylake)プロセッサ、3 TB/6 TBメモリ、最大208 vCPU を提供し、SAP HANA、SQL Serverなどの大規模データベースに最適です。

 Mv2シリーズは、現時点では米国東部、米国東部2リージョンで提供されており、今後数か月で米国西部2、西ヨーロッパ、北ヨーロッパ、東南アジアリージョンでも提供される予定です。

Azure Front Door Service:WAF

 Azure Front Door Serviceは、グローバルなウェブアプリケーションを高速に配信するためのセキュアでスケーラブルなエントリポイントを提供するサービスです。

 4月に、Azure Front Door ServiceがGAになり、WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)機能がパブリックプレビューになっていました

 今回、Azure Front Door ServiceのWAF機能が、GAになりました。

Azure Front Door ServiceのWAF機能

Azure Cost Management:5月のアップデート

 Azure Cost Managementは、マルチクラウド環境での使用料金の管理、監視、最適化のためのサービスです。

 Azure Cost Managementの5月のアップデートが、まとめられています。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Cost ManagementでのAWS、Azureのコスト管理

Azure Monitor:AKS Windowsコンテナー

 Azure Monitorは、Azureにおけるフルスタックの監視サービスです。

 Azure Kubernetes Service (AKS)は、マネージドKubernetesサービスです。

 Azure Kubernetes Service (AKS)監視機能を提供する「Azure Monitor for containers」で、Windowsコンテナーの監視が、パブリック プレビューになりました。Linuxノードのストレージ容量の監視、アラートもサポートされました。

 Azure Monitor(Azure Log Analytics、OMS)のLinux向けエージェントの4月リリース(1.10)がリリースされました。このリリースには、安定性と信頼性に関する改善が含まれています。

Azure Security Center:アダプティブネットワークのセキュリティ強化

 Azure Security Centerは、Azureリソースのセキュリティの可視化と制御を行うサービスです。

 5月のBuild 2019カンファレンスで、Azure Security Centerの「アダプティブネットワークのセキュリティ強化」(Adaptive Network Hardening)が、パブリック プレビューになってました

 今回、「アダプティブネットワークのセキュリティ強化」がGAになりました。

 「アダプティブネットワークのセキュリティ強化」は、インターネットに接続されているVMに対して、ネットワークトラフィックと接続パターンを学習し、ネットワークセキュリティグループ(NSG)ルールの推奨事項を提供します。

「アダプティブネットワークのセキュリティ強化」が提供するネットワークセキュリティグループ(NSG)ルールの推奨事項

Azure Logic Apps:統合サービス環境

 Azure Logic Appsは、多数のコネクターを通してビジネスプロセスを自動化するワークフローを開発できる統合プラットフォームサービスです。

 3月に、Azure Logic Appsの「統合サービス環境」(ISE)が、パブリックプレビューになっていました

 今回、「統合サービス環境」がGAになりました。東日本、西日本リージョンを含む多数のリージョンで利用可能です。

 統合サービス環境は、Azure Logic Appsを実行するための完全に分離された専有環境です。統合サービス環境はAzure Virtual Networkの仮想ネットワーク(VNet)に配置され、Azure Logic AppsがVNetにデプロイされます。

Azure Event Grid:IoT Hubテレメトリ、Service Busハンドラー、地理DR、イベント ドメインなど

 Azure Event Gridは、イベントルーティングサービスです。

 Azure Event Gridで、次の新機能がリリースされました。

  • Azure IoT Hubのデバイステレメトリイベント(パブリックプレビュー)
  • イベントハンドラーとしてのAzure Service Bus(パブリックプレビュー)
  • サーバー側での自動地理ディザスターリカバリー(DR)
  • イベント ドメイン(GA)
  • 最大1 MBのイベントのサポート(パブリックプレビュー)
  • リスト検索API、ページネーションAPI
  • 高度なフィルター(GA)

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Event Grid

Azure API Management:従量課金レベル

 Azure API Managementは、既存のAPIに対するAPIゲートウェイのサービスです。

 2018年12月にプレビューになっていたAzure API Managementの従量課金(Consumption)レベルが、GAになりました。米国中北部、米国西部、西ヨーロッパ、北ヨーロッパ、東南アジア、オーストラリア東部リージョンで利用可能です。

 Azure API Managementの従量課金レベルは、サーバーレス型であり、呼び出し回数に応じた従量課金となります。

Azure DevOps:IPアドレス範囲の変更

 Azure DevOpsは、Azure Pipelines(CI/CDパイプライン)、Azure Boards(作業追跡ツール)、Azure Artifacts(パッケージ生成/共有)、Azure Repos(プライベートGitリポジトリ)、Azure Test Plans(テストソリューション)で構成される、開発チーム向けのサービスです。

 7月1日までに、Azure DevOpsで使われるIPアドレス範囲が変更されます。

 それでは、また来週。

この連載の記事