このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第81回

Azure Data Lake Storage Gen2、Azure Data ExplorerがGA

地理冗長化したAzure Storageのセルフフェールオーバーが可能に

2019年02月18日 08時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2019年2月3日~9日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Storage:アカウントフェールオーバー

 ストレージサービス「Azure Storage」のレプリケーションでは、Azureリージョン間の地理レプリケーションを提供する地理冗長ストレージ(GRS)、読み取りアクセス地理冗長ストレージ(RA-GRS)を選択可能です。

 これまでは、プライマリリージョンで災害が発生した際に、GRS、RA-GRSのストレージアカウントをセカンダリリージョンにフェールオーバーする決断を行うのは、AzureユーザーではなくMicrosoftでした。ちなみに、ストレージアカウントのフェールオーバーは、これまで一度も行われていません。

 今回、AzureユーザーがGRS、RA-GRSのストレージアカウントのフェールオーバーを行う機能(最新情報は英語ページを参照)が、パブリックプレビューになりました。これによって、ディザスターリカバリー(DR)の設計が容易になります。

Azure Storageのアカウントフェールオーバー

Azure Virtual Machines:「スケジュールされたイベント」でのハードウェア性能低下の通知

 IaaSの仮想マシン(VM)機能を提供するAzure Virtual Machines「スケジュールされたイベント」(Scheduled Events)機能で、ハードウェア性能低下の通知がサポートされました。これによって、VMの正常なマシンへの再デプロイのタイミングを、Azureユーザーが制御できるようになります。

Azure Reserved VM Instances:クラシックVM/Azure Cloud Services、開発/テストサブスクリプション

 Azure Reserved VM Instances(RI、予約インスタンス)は、Azureリージョン、VMシリーズ、期間(1年か3年)を指定して、一定のVMのキャパシティを予約することで、VMのコストを削減できる購入方法です。

 今回、ARM(Azure Resource Manager)のVMに加えて、クラシック(ASM、Azure Service Management)のVM、Azure Cloud Servicesのインスタンスに対して、RIを適用可能になりました。

 また、エンタープライズ開発/テスト、従量課金制開発/テストのAzureサブスクリプションでも、RIを適用可能になりました。

Azure Cost Management:EAでGA、従量課金制でプレビュー

 Azure Cost Managementは、マルチクラウド環境での使用料金の管理、監視、最適化のためのサービスです。

 2018年9月のIgnite 2018カンファレンスで、Azure Portal内で動作するAzure Cost Managementが、EA(エンタープライズ契約)のAzureサブスクリプションでパブリックプレビューになっていました

 今回、EAのAzureサブスクリプションで、Azure Cost ManagementがGA(一般提供)になりました。

 また、従量課金制のAzureサブスクリプションで、Azure Cost Managementがプレビューになりました。

Azure Cost Management

Azure Portal:2月のアップデート

 Azure Portalは、WebベースのAzureの管理コンソールです。

 1月のアップデートに続いて、Azure Portalの2月のアップデートがまとめられています。今回のアップデートでは、クラシックVMのARMへの移行などがサポートされました。

Azure PortalでのクラシックVMのARMへの移行

Azure PowerShell:引数コンプリーター

 Azure PowerShellは、Azureリソースの管理のためのPowerShellコマンドレットです。

 Azure PowerShellで、引数コンプリーターがサポートされました。これによって、コマンドの入力が簡単になります。

Azure PowerShellの引数コンプリーター

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事