このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第102回

SQL DB Managed Instanceのリソース上限拡大

Event Hubsクラスターをセルフサービスで作成可能に

2019年07月01日 10時10分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2019年6月2日~2019年6月8日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Lab Services:共有イメージギャラリー

 Azure Lab Servicesは、チーム用の環境(開発環境、テスト環境、教室ラボ環境)を短時間で提供できるサービスです。

 Azure Virtual Machinesの共有イメージギャラリーは、組織内でVMイメージを共有するための機能です。

 今回、Azure Lab ServicesのAzure DevTest Labsで、共有イメージギャラリーがサポートされました。

Azure DevTest Labsでの共有イメージギャラリーの利用

Azure Bot Service:Bot Framework SDK V3のサポート終了

 Azure Bot Serviceは、チャットボットの開発フレームワーク「Microsoft Bot Framework」ベースのチャットボットをホストするためのサービスです。

 2018年9月のIgnite 2018カンファレンスで、Microsoft Bot Framework SDK (Bot Builder SDK) V4がGAになっていました

 7月1日から、Azure PortalでSDK V3ベースのボットを新規作成できなくなる予定です。8月1日から、CLIツールでSDK V3ベースのボットを新規作成できなくなる予定です。2019年末に、SDK V3のサポートが終了する予定です。

 SDK V3ベースのボットを開発済みの場合、SDK V4への移行を検討してください。

Azure SQL Database:Managed Instanceのリソース上限拡大、Azure Data Studio

 Azure SQL Databaseは、SQL Serverベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 Azure SQL Databaseの一機能であるAzure SQL Database Managed Instanceは、オンプレミスのSQL Serverとの100%に近い互換性を持つデータベースサービスです。

 Azure SQL Database Managed Instanceで、リージョンごとにデプロイできるサブネットの最大数、仮想コアの最大数が引き上げられました。これによって、Azureサポートにクォータ拡張を依頼する必要なしに、より大規模なAzure SQL Database Managed Instanceをデプロイできます。

 Azure Data Studioは、SQL Server、Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouseでのモダンなデータベース開発、運用のための、Windows、macOS、Linuxで動作する軽量なツールです。

 5月リリースに続いて、Azure Data Studioの6月リリースが利用可能になりました。このリリースでは、Azure Data StudioからSQL Server Management Studio(SSMS)のダイアログを起動できるようになりました。

Azure Event Hubs:セルフサービスのクラスター作成

 Azure Event Hubsは、スケーラブルなイベント受信サービスです。

 Azure Event Hubsの最上位のDedicated(専用)レベルでは、シングルテナントのEvent Hubsクラスターを利用可能です。

 これまでは、Event Hubsクラスターを作成するには、Azure Event Hubsチームに電子メールで依頼する必要がありました。

 今回、Azure Portal、Azure Resource Managerを介して、ユーザーがセルフサービスでEvent Hubsクラスターを作成できるようになりました。

Power BI Embedded:4月/5月のアップデート

 Power BI Embeddedは、Power BIで作成した対話型のレポートを、カスタムアプリケーションに埋め込むことができる、ISV/開発者向けのサービスです。

 2月/3月のアップデートに続いて、Power BI Embeddedの4月/5月のアップデートがまとめられています。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Power BI Embeddedの「主要なインフルエンサー」ビジュアル

Azure Maps:Mobility Service

 Azure Mapsは、地図、検索、ルート検索、交通量などのAPIを提供する地理空間サービスです。

 5月のBuild 2019カンファレンスで発表されていた通りAzure MapsのMobility Serviceが、プレビューになりました。

 Azure MapsのMobility Serviceは、公共交通機関ネットワークのリアルタイムインテリジェンスをアプリケーションに統合するためのAPIです。

 Web SDK、Android SDKのアップデート、Spatial OperationsのGAも発表されました。

Azure MapsのMobility Serviceの利用例

Azure Key Vault:R言語

 Azure Key Vaultは、暗号化キーやパスワードなどを格納して管理するサービスです。

 Azure Key Vaultに対するR言語のインターフェイス「AzureKeyVault」が、利用可能になりました。

 それでは、また来週。

この連載の記事