このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第96回

「Build 2019」アップデート ~アプリ開発編~

App Service on Linuxに期限なく無料で使える「Free料金レベル」

2019年06月07日 10時30分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。2019年5月6日~8日にかけて、米国シアトルでMicrosoftの年次カンファレンス「Microsoft Build 2019」が開催されました。「週刊アジュール」では、Build前週の事前発表、基調講演での発表をまとめた「Build 2019」特別号外に続いて、Build 2019でのAzureアップデートを、インフラ編、アプリ開発編、データ編AI/IoT編の4回に分けてお伝えします。今回はアプリ開発編です。

Azure App Service:Linuxでの無料レベル、Python、Java 11、LinuxでのVNetサポートなど

 Azure App Serviceは、ウェブアプリ、ウェブAPI、モバイルバックエンドをホストするためサービスです。

  • App Service on Linuxで、期限なく無料で使えるFree料金レベルが利用可能に
  • App Service on Linuxで、Python 7、3.6、2.7のサポートがGAに
  • App Service on Linux、WindowsベースのApp Serviceで、Java 11をサポート
  • Linux ネイティブの新しいビルドシステムで、JavaScript、Pythonパッケージの依存関係が解決可能になり、カスタムビルドスクリプトを実行可能に
  • App Service on Linuxで、Azure Virtual Network(VNet)統合をサポート(プレビュー)
  • Azure Portalに、新たに全画面作成エクスペリエンスを追加

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Portalでの、Azure App Serviceの全画面作成エクスペリエンス

Azure Functions:KEDA、Durable Functionsのステートフルエンティティなど

 Azure Functionsは、サーバーレスアーキテクチャのFaaS(関数サービス)です。

 Azure DevOpsは、Azure Pipelines(CI/CDパイプライン)、Azure Boards(作業追跡ツール)、Azure Artifacts(パッケージ生成/共有)、Azure Repos(プライベートGitリポジトリ)、Azure Test Plans(テストソリューション)で構成される、開発チーム向けのサービスです。

 MicrosoftとRed Hatが、オープンソースのKubernetes-based Event Driven Autoscaling(KEDA)を発表しました。KEDAは、Kubernetes上でイベント駆動型でコンテナーをスケーリングできるコンポーネントです。

 Azure Functionsの関数は、Azure Functionsサービス上で実行することに加えて、コンテナーとして実行することも可能です。KEDAを使うことで、Kubernetes上のコンテナーとしてAzure Functionsを実行する際に、Azure Functionsサービス上で実行する場合と同じように、イベント駆動型のスケーリングが可能になります。

KEDAを使ってKubenetesクラスター上で実行されるAzure Functions

 Durable Functionsで、Durable Functions 2.0(プレビュー)の一機能として、新しいステートフルエンティティパターンのサポートがプレビューになりました。これによって、IoTデバイスやゲームセッションなどのエンティティにマップされるステートフルな関数の場合、ステートフルエンティティトリガーを使用して、アクターに似た機能をAzure Functions で実現できます。

 Azure Functionsで、.NETの依存関係の挿入(依存性注入、DI)がサポートされました。

 Azure DevOpsのAzure Pipelinesで、.NET、Node.js、PythonアプリケーションをAzure Functions向けに構成するためのタスクが利用可能になりました。Azure Functionsデプロイタスクが、GAになりました。

.NET、Node.js、PythonアプリケーションをAzure Functions向けに構成するためのAzure Pipelinesタスク

Azure API Management:Azure Functions関数の公開、分散トレース

 Azure API Managementは、既存のAPIに対するAPIゲートウェイのサービスです。

 HTTPトリガーを持つAzure Functionsの関数を、Azure API Managementの新規、または既存APIとして簡単に公開できるようになりました。

Azure Portalでの、Azure API Managementに統合されたAzure FunctionsのUI

 Azure MonitorのAzure Application Insightsが持つ分散トレース機能を使って、Azure Functions、Azure API Managementで構築されたアプリケーションの監視が可能になりました。

Azure Application Insightsの分散トレースを使った、Azure Functions、Azure API Managementで構築されたアプリケーションの監視

Azure Logic Apps:インラインコード、SAPコネクタ、RosettaNetコネクタ

 Azure Logic Appsは、多数のコネクターを通してビジネスプロセスを自動化するワークフローを開発できる統合プラットフォームサービスです。

 Azure Logic Apps内で、JavaScriptでインラインコードを記述、実行できるようになりました。

Azure Logic Appsのインラインコード

 Azure Logic Appsで、新しいSAPコネクタがGAになりました。RosettaNetコネクタがパブリックプレビューになりました。

Azure Logic Appsの新しいSAPコネクタ

Azure Kubernetes Service (AKS):仮想ノード、Azure Dev Spacesなど

 Azure Kubernetes Service (AKS)は、マネージドKubernetesサービスです。

 Azure Policyは、Azureリソースにさまざまなルールとアクションを適用するポリシーの作成、割り当て、管理のためのサービスです。

 Azure Kubernetes Service (AKS)で、次のアップデートが発表されました。

  • 仮想ノード(GA):オープンソースのVirtual Kubeletを使ったサーバーレスコンテナー機能
  • Kubernetes-based Event Driven Autoscaling(KEDA):MicrosoftとRed Hatが、オープンソースのKEDAを発表(本記事の「Azure Functions」セクションを参照)
  • Azure Dev Spaces(GA):2018年5月のBuild 2018で発表/プライベートプレビュー、2018年6月にパブリックプレビューになっていた、チームに高速で反復型のKubernetes開発エクスペリエンスを提供するサービス
  • Azure DevOpsのAzure PipelinesのKubernetes/Azure Kubernetes Service (AKS)統合:Azure Kubernetes Service (AKS)へのCI/CD
  • Azure PolicyのAzure Kubernetes Service (AKS)サポート(パブリックプレビュー):ポッド、名前空間、イングレスなどに対するポリシーを設定
  • ユーザー定義のネットワーク ポリシー:AKSクラスター内でネットワークを安全にセグメント化
  • 認証済みIP(パブリックプレビュー):コントロールプレーンへのアクセスを特定のIPアドレス/IP範囲に制限
  • 複数のノードプール(プレビュー):AKSクラスター内で異なるVMサイズのノードプールをサポート

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Pipelinesの「AKSへのデプロイ」テンプレート

前へ 1 2 次へ

この連載の記事