このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第88回

Azure Stack HCIソリューションを発表

データ内の異常なパターンを検知するAI API「Anomaly Detector」が登場

2019年04月18日 11時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2019年3月24日~2019年3月30日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Stack:Azure Stack HCI

 Azure Stackは、オンプレミスにAzure互換の環境を持つことのできるハイブリッドクラウドプラットフォームです。

 今回、「Azure Stack HCIソリューション」が発表されました。

 Azure Stack HCIソリューションは、コスト削減とパフォーマンス向上を実現したいお客様向けに、仮想化アプリケーションをハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)で実行します。Azure Stack HCIソリューションには、ソフトウェアによるコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングソフトウェアが搭載されています。また、Azureサービスと統合して、クラウドベースのバックアップ、ディザスターリカバリー、監視などのハイブリッド機能を利用できます。

 検証済みのハードウェアシステムを提供するパートナー15社から、Azure Stack HCIソリューションご購入できます。

Azure、Azure Stack、Azure Stack HCIの比較

Azure Storage:Data Box Edge/Gateway、Azure ADベースのRBAC、マネージドディスク

 ストレージサービス「Azure Storage」の一機能「Azure Data Boxファミリ」は、大量のデータをAzureに移動するためのアプライアンスです。

 2018年9月のIgnite 2018カンファレンスで発表されプレビューが始まっていたAzure Data Box Edge、Azure Data Box Gatewayが、今回、GA(一般提供)になりました。

 Azure Data Box Edgeは、Azureとの間でデータをオンライン転送するストレージゲートウェイとして機能する、オンプレミスの物理ネットワークアプライアンスです。Azure Data Box Edgeは、Azure IoT Edgeベースの計算プラットフォームを提供しており、エッジ側でオンプレミスデータの分析などを行うことができます。

 Azure Data Box EdgeのGAとともに、Azure Data Box EdgeでのProject Brainwaveを活用したAzure Machine Learningの機械学習モデルの実行が、プレビューになりました。Azure Data Box Edge上のIntel Arria 10 FPGAを使って、機械学習モデルを使ったエッジでの推論を高速化できます。

 Azure Data Box Gatewayは、Azureとの間でデータをオンライン転送するストレージゲートウェイとして機能する、仮想アプライアンスです。

Azure Data Boxファミリ

 1月にパブリックプレビューになっていたAzure Data Box Blob Storageが、GAになりました。

 Azure Data Box Blob Storageを使うと、Azure Blob StorageのREST APIを使ってAzure Data Boxにデータをコピーできます。これによって、SMBやNFSに加えて、RESTでもAzure Data Boxにアクセスできるようになります。

 2018年5月にパブリックプレビューになっていた、Azure StorageのAzure Active Directoryベースのロールベースのアクセス制御(RBAC)サポートが、GAになりました。

Azure StorageのAzure Active Directoryベースのロールベースのアクセス制御(RBAC)サポート

 2018年6月にパブリックプレビューになっていたAzure Blob Storageのライフサイクル管理が、GAになりました。

 IaaSの仮想マシン(VM)機能を提供するAzure Virtual Machines向けのAzure Managed Disks(マネージドディスク、管理ディスク)は、VM向けの永続ディスクストレージを提供します。

 Azure Managed Disksのストレージ容量、パフォーマンスが向上しました。

Azure Monitor:VMのポート/接続の監視

 Azure Monitorは、Azureにおけるフルスタックの監視サービスです。

 現在プレビュー中のAzure MonitorのAzure Virtual Machines監視機能で、オープンになっているポート、ネットワーク接続のデータを監視できるようになりました。

 Azure Monitorのクラシックアラートが2019年6月30日に廃止される予定であることが、2018年10月に発表されていました

 今回、クラシックアラートを新しいアラートに移行するツールが提供されました。

Azure Monitorのクラシックアラートを新しいアラートに移行するツール

Azure Site Recovery:Azure Storageファイアウォール

 Azure Site Recoveryは、様々な環境のVMや物理サーバー間のディザスターリカバリー(DR)/移行サービスです。

 ファイアウォールが構成されたAzure Storageアカウントに対して、VMware、物理サーバーからAzureへレプリケーションがサポートされるようになりました。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事