このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第103回

API Managementの開発者ポータルを刷新

Power BIのCognitive Services/Azure MLサポートがGA

2019年07月01日 10時30分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2019年6月9日~2019年6月15日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Application Gateway:WAFのカスタム規則

 Azure Application Gatewayは、SSLオフロード、セッションアフィニティ、 WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)などの機能を提供するレイヤー7のロードバランサーです。

 Azure Application GatewayのWAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)機能で、カスタム規則がGAになりました。

Azure Security Center:推奨事項/セキュリティポリシー名の統一

 Azure Security Centerは、Azureリソースのセキュリティの可視化と制御を行うサービスです。

 Azure Security Centerで、推奨事項とそれに対応するセキュリティポリシーの関連をわかりやすくするため、両者の名前が同じになるように変更されました。

Azure Advisor:Security Center統合など

 Azure Advisorは、ベストプラクティスに従って、可用性、セキュリティ、パフォーマンス、コストの最適化のための推奨をしてくれるサービスです。

 Azure Advisorで、次のアップデートがありました。

  • Azure Security Centerとの統合の強化
  • 推奨事項に対するバルク操作
  • 20以上の高可用性、パフォーマンス、コストの推奨事項の追加

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure API Management:新しい開発者ポータル

 Azure API Managementは、既存のAPIに対するAPIゲートウェイのサービスです。

 Azure API Managementで、新しい開発者ポータルがリリースされました。新しい開発者ポータルは、次の特徴があります。

  • JAMstackテクノロジを使って、ゼロから構築
  • すぐに使えるモダンなUI
  • ヴィジュアルエディターでカスタマイズ可能
  • オープンソース
  • マネージドサービス、または自己ホスト
  • DevOpsで扱いやすい

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure API Managementの新しい開発者ポータル

Azure Service Fabric:6.5リリース

 Azure Service Fabricは、Windows Server/Linux上で動作するマイクロサービスプラットフォームであり、コンテナーオーケストレーターでもあります。

 2018年11月にリリースされていた6.4に続いて、Azure Service Fabric 6.5がリリースされました。

 このリリースでは、ステートフルサービス向けの「Service Fabricアプリケーションディザスターリカバリーツール」の提供といった、新機能があります。

Azure Lab Services:PowerShell

 Azure Lab Servicesは、チーム用の環境(開発/テスト環境の「Azure DevTest Labs」、教室ラボ環境)を短時間で提供できるサービスです。

 Azure DevTest Labsで、ラボを管理するためのPowerShellモジュールが利用可能になりました。

Azure Cognitive Services:Power BI

 Azure Cognitive Servicesは、画像認識、音声認識、自然言語処理といった、AIを活用したAPIサービスです。

 Power BIは、Power BI は、データを視覚化し、組織全体で洞察を共有することができる、クラウドベースのビジネス分析サービスです。

 Power BIのAzure Cognitive Servicesサポートが、GAになりました。

Power BIのAzure Cognitive Servicesサポート

Azure Machine Learning:Power BI

 Azure Machine Learning(Azure ML)は、機械学習の開発と実行のためのプラットフォームを提供します。Azure Machine Learningには、Azure Machine Learning StudioAzure Machine Learningサービスという2つのサービスがあります。

 Power BIのAzure Machine Learningサポートが、GAになりました。

Azure Cosmos DB:Async Java SDKでの直接モード

 Azure Cosmos DBは、複数のデータモデル/APIをサポートしたグローバル分散型のNoSQLデータベースサービスです。

 Azure Cosmos DBのAsync Java SDK 2.4で、直接モードのサポートがプレビューになりました。直接モードを使うと、既定のゲートウェイモードよりも高いパフォーマンスを得ることができます

Azure Cosmos DBのゲートウェイモード/直接モード

Azure SQL Database:既定値変更、Managed InstanceのGen 5/4仮想コア、開発/テスト価格、SSMS

 Azure SQL Databaseは、SQL Serverベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 5月31日から6月24日までに、Azure SQL Databaseのデータベース、エラスティックプールの既定の構成が変更され、汎用(General Purpose)サービスレベル、Gen 5 ハードウェア、2仮想コアになります。

 Azure SQL Databaseで、DTUベースのデータベースの既定のバックアップ保有期間が、仮想コアベースのデータベースと同じ7日間に変更されます。

 Azure SQL Databaseの一機能であるAzure SQL Database Managed Instanceは、オンプレミスのSQL Serverとの100%に近い互換性を持つデータベースサービスです。

 Azure SQL Database Managed Instanceの汎用/ビジネスクリティカルサービスレベル、Gen 5ハードウェアで、 最小の4仮想コアの構成が利用可能になりました。4仮想コアの構成は、これまで最小だった8仮想コアの構成の半額となります。

 2018年12月に、Azureの「エンタープライズ開発/テスト」、「従量課金制開発/テスト」プランで、Azure SQL Database Managed Instanceの開発/テスト価格での提供が開始されました

 今回、「Visual Studioサブスクライバー向けの月単位のAzureクレジット」でも、Azure SQL Database Managed Instanceの開発/テスト価格での利用が可能になりました。

 これによって、Azure SQL Database Managed Instanceの開発/テストワークロードでコストを削減できます。開発/テスト価格は、従量課金価格から最大で55%割引となります。

 SQL Server Management Studio(SSMS)は、SQL Server、Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouse向けのデータベース開発、運用のための、Windowsで動作するツールです。

 4月にリリースされていた18.0に続いて、SQL Server Management Studio 18.1がリリースされました。

 このリリースでは、データベースダイアグラム機能が復活しました。

Azure Database for MySQL/MariaDB:インテリジェントパフォーマンス

 Azure Database for MySQLは、MySQLベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 Azure Database for MariaDBは、MariaDBベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 Azure Database for MySQL、Azure Database for MariaDBで、インテリジェントパフォーマンス機能がプレビューになりました。インテリジェントパフォーマンス機能は、次の3つの機能を提供します。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Database for MySQLのクエリパフォーマンスインサイト

Azure Database for MariaDB:読み取りレプリカ、MariaDB 10.3

 Azure Database for MariaDBで、読み取りレプリカがプレビューになりました。

 Azure Database for MariaDBの読み取りレプリカでは、1つのAzure Database for MariaDBサーバー(マスター)のデータを、同じAzureリージョン内の最大5つのAzure Database for MariaDBサーバー(レプリカ)に非同期でレプリケートできます。

Azure Database for MariaDBの読み取りレプリカ

 Azure Database for MariaDBが、MariaDB 10.2に加えて、MariaDB 10.3をサポートしました

Azure Database for PostgreSQL:PostgreSQL 11

 Azure Database for PostgreSQLは、PostgreSQLベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 Azure Database for PostgreSQLが、PostgreSQL 9.5、9.6、10に加えて、PostgreSQL 11をプレビューとしてサポートしました

Azure Analysis Services:多対多リレーションシップ、計算グループ

 Azure Analysis Servicesは、SQL Server Analysis Services(SSAS)ベースの分析サービスです。

 Azure Analysis Servicesで、多対多(M2M)リレーションシップ、計算グループのサポートがパブリックプレビューになりました。

Azure Analysis Servicesの多対多リレーションシップ

 それでは、また来週。

この連載の記事