このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第107回

Azure Migrateをアップデートして「Azure移行プログラム」を利用可能に

Azure SQL Databaseで99.995%のアップタイムSLAを提供開始

2019年08月19日 13時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2019年7月7日~2019年7月13日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Lighthouse:GA

 新サービス「Azure Lighthouse」が発表され、GA(一般提供)になりました。

 Azure Lighthouseは、「委任されたリソース管理」を活用して、多数の別テナント上のAzureリソースを管理することを可能にします。これによって、パートナーが、差別化されたマネージドサービスを提供できるようになります。

Azureの委任されたリソース管理

Azure移行プログラム

 「Azure移行プログラム」(Azure Migration Program)が発表されました。

 Azure移行プログラムでは、Microsoftや移行パートナーと連携し、Azureへの移行のためのガイダンス、トレーニング、移行ツール、移行オファーを受け取ることができます。

Azure Migrate:新しいエクスペリエンス、Hyper-Vサポート、エージェントレス移行など

 Azure Migrateは、オンプレミス環境のAzureへの移行を支援する無料サービスです。オンプレミス環境の検出、アセスメント、依存関係のマッピング、VMのサイジングなどが可能です。そして、Azure Site Recoveryを使ったAzure Virtual Machinesへの移行、Azure Database Migration Serviceを使ったAzure SQL Databaseを行うことができます。

 2月にプライベートプレビューが始まっていたAzure Migrateの次の新機能が、GAになりました。

  • 新しい統合エクスペリエンス
  • 新しいServer Assessment機能(Hyper-Vのサポート追加、最大10,000台のHyper-Vの評価、最大35,000台のVMwareの評価など)
  • 新しいServer Migration機能(VMwareのエージェントレス移行(プレビュー)、Hyper-Vのエージェントレス移行、AWS/GCPエージェントベース移行など)
  • Azure Database Migration Serviceとの統合(プレビュー)

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Migrateの新しい統合エクスペリエンス

Azure Data Share:パブリックプレビュー

 新サービス「Azure Data Share」が発表され、パブリックプレビューが始まりました。

 Azure Data Shareは、サードパーティの組織とデータを安全に共有するためのサービスです。

Azure Data Share

Azure Storage:Files Standardプランの上限拡張、Azure Data Box Heavy

 ストレージサービス「Azure Storage」の一機能「Azure Files」は、SMBプロトコルベースのファイル共有サービスを提供します。

 6月のAzure FilesのPremiumプラン(Premium Files)のGAに続いて、Standardプランの容量とパフォーマンスの上限拡張が、プレビューになりました。

 このプレビューでは、共有あたりの容量、最大IOPS、最大スループットが、それぞれ5 TiBから20倍の100 TiBに、1,000 IOPSから10倍の10,000 IOPSに、60 MiB/秒から5倍の300 MiB/秒に引き上げられました。

 このプレビューは、現時点では東南アジアリージョンを含む一部のAzureリージョンで利用可能です

 ストレージサービス「Azure Storage」の一機能「Azure Data Boxファミリ」は、大量のデータをAzureに移動するためのアプライアンスです。

 2018年9月のIgnite 2018カンファレンスで、「Azure Data Box Heavy」が発表され、プレビューとして事前注文可能になっていました。Azure Data Box Heavyは、1PBのオフラインデータ転送をサポートします。

 今回、Azure Data Box HeavyがGAになりました。現時点では、米国、ヨーロッパで利用可能です。なお、Azure Data BoxファミリのAzure Data Box、Azure Data Box Diskは、日本でも利用可能になっています。

Azure Data Boxファミリ

Azure Virtual Machines:エフェメラルOSディスク

 IaaSの仮想マシン(VM)機能を提供するAzure Virtual Machinesで、5月にパブリックプレビューが始まっていた「エフェメラルOSディスク」が、GAになりました。

 エフェメラルOSディスクは、ステートレスアプリケーション向けの、より低コストでより高いパフォーマンスを提供するマネージドディスクです。エフェメラルOSディスクは、ローカルのホストマシン上に格納され、Azure Storageに永続化されません。

Azure Firewall:複数パブリックIPアドレス、可用性ゾーンなど

 Azure Firewallは、Azure Virtual Networkリソースを保護するファイアウォールサービスです。

 詳細は、次のページをご覧ください。

ファイアウォールへの最大100個のパブリックIPアドレスの関連付け

Azure Monitor:アクションルール

 Azure Monitorは、Azureにおけるフルスタックの監視サービスです。

 Azure Monitorで、「アクションルール」がプレビューになりました。

 アクションルールを使うと、Azure Resource Managerの任意のスコープ(Azureサブスクリプション、リソースグループ、対象リソース)で、アクションを定義、抑制できます。

Azure Monitorのアクションルールの構成

Azure Automation:Azure外サーバーの動的グループ

 Azure Automationは、PowerShell/Pythonベースのプロセス自動化、構成管理、更新プログラム管理のサービスです。

 5月にパブリックプレビューになっていた、Azure AutomationのUpdate Management(更新プログラム管理)のAzure外のサーバーに対して動的グループを設定する機能が、GAになりました。

Azure AutomationのUpdate Managementの、Azure外のサーバーに対して動的グループを設定する機能

前へ 1 2 次へ

この連載の記事