このページの本文へ

『OpenLinux Workstation 3.1.1』を搭載したDynabook登場

2002年04月25日 15時42分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東芝デジタルメディアエンジニアリング(株)(以下、東芝DME)は、『OpenLinux Workstation 3.1.1』をプリインストールした『Dynabook SS S4/275』を5月13日に発売すると発表した。

東芝DMEは、これまでも『Turbolinux 7 Workstation』をプリインストールしたDynabookやLibrettoを販売している。4月16日には、『Dynabook SS S4/275』のWindows XPと『Turbolinux 7 Workstation』デュアルブートモデルを発売したばかりだ。

今回発表されたモデルは、『OpenLinux Workstation 3.1.1』と、『Hancom Linux Office 2.0J』をプリインストール、設定したもの。かな漢字変換ソフト『Wnn6』やリコーフォント、『Kylix 2 Open Edition』といった商用ソフトウェアもインストールされた状態で出荷される予定だ。

販売は東芝DMEのWebサイトを通じて行なわれる。予定価格は27万8000円。

カテゴリートップへ

ピックアップ