このページの本文へ

米Caldera Systems、サーバパッケージ「OpenLinux eServer 2.3 日本語版」を3月10日リリース

2000年02月19日 03時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大手Linuxディストリビューションベンダである米Caldera Systemsは2月17日、サーバパッケージ「OpenLinux eServer 2.3 日本語版」を3月10日に出荷すると発表した。eBusiness向けパッケージとして「IBM WebSphere Application Server Standard Ver.2.03 for Linux」(90日間トライアル)や「IBM VisualAge for Java」(商用フルバンドル)をバンドルするほか、Webベースのリモート管理ツール「Webmin」およびTrueTypeフォント「Fontface4550(R) Symon[さいもん] Ver.1.2」を備える。販売は(株)ネオナジーが行なう。

 価格は2万9800円。30日までの電話によるサポート、または90日までのメールによるサポートが、最大5案件を限度として提供される。

カテゴリートップへ

ピックアップ