このページの本文へ

歯科医療総合システムソフト『WiseStaff-3』が『SCO OpenLinux 3.1.1 Workstation』に対応

2002年10月26日 16時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カルデラ(株)は、同社のディストリビューション『SCO OpenLinux 3.1.1 Workstation』が、(株)ノーザの歯科医療総合システムソフト『WiseStaff-3』の動作プラットフォームに採用されたことを発表した。

(株)ノーザの『WiseStaff』シリーズは、予約受付や診療業務、会計、レセプトまでをサポートしている歯科医療総合システム。これまでに、『SCO UnixWare』と東芝パソコンシステム(株)のハードウェアを組み合わせたシステムで7000台以上が出荷されている。

今回、『WiseStaff-3』と東芝パソコンシステムのハードウェアを組み合わせた形で、おもに中小規模の歯科医療機関をターゲットとして販売される。

カテゴリートップへ

ピックアップ