このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スーパーママチャリGP参戦記第16回

編集部に平成いちにのさんがやってきた!

2009年01月31日 20時00分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ママチャリGPからはや2週間が過ぎ……

 ASCII.jp編集部とアウトドア系ライターの連合軍で出場した「スーパーママチャリグランプリ」。日頃の運動不足がたたり、阿鼻叫喚の地獄絵図だったことはすでにお知らせした(関連記事)。

 編集部員たちの筋肉痛も癒え、いつも通りの業務に励んでいたところにビッグニュースが届いた! なんとママチャリGPでレースクイーンを務めてもらった「平成いちにのさん」が編集部に遊びにきてくれるというのだ! 編集部は男ばかりで汗臭く、昭和の香りが漂う職場。そこに平成生まれのピチピチ(絶滅語)な女の子が来るなんて、まさにオオカミの群れに迷い込んだ子羊である。

自転車を漕ぐという運動が、あれほどツライものだったなんて! 我々だけでなく、参加者全員が思ったことだろう。しかし、それも良い思い出となり、我々の心の中に生き続けるのだ

 「平成いちにのさん来訪!」の情報を聞いた編集部員たちは浮き足だっていた。ある者は取材を早く切り上げて、ある者はカメラをメンテナンスし、ある者は仕事を放棄した。編集部全体がソワソワしながら、平成いちにのさんを迎えることとなった。

 彼女たちは編集部来訪にあたって、なんと我々への感謝状と、ベストレースクイーン賞でもらったお米を使って、オニギリを作ってきてくれたのである! むしろ、感謝しなくてはいけないのは我々なのに……。

一枚一枚手書きの感謝状。スイマセン、こっちは何も用意していませんでした……

 何から何までありがとうございました! また遊びにきてください! では、浮かれまくっていた編集部の様子をご覧アレ!

(次のページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ