このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

スーパーママチャリGP参戦記第13回

筋肉痛が快感に変わる! ドMにオススメのママチャリGP!

2009年01月14日 20時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

目指せBBQGP!

 レースは団体戦である! ママチャリで高低差35m、1周4.5kmのコースを疾走するチャリダーには、栄養補給が欠かせない。そこでキャンプ暦10年以上ということを買われ、ASCII.jpのバーベキュー番長として任命された筆者も参戦してきた。

 まぁ、結果として2度と参戦するもんかっ! と心に決めたレースの模様を、食事班の目線でレポートしよう。

18人分のキャンプ装備とは!?

 みなさんの中でもキャンプを趣味にしている人は多いことでしょう。がっ! 「18人分のキャンプ道具と食材を用意したことがある」なんてツワモノは、ほとんどいないハズ。それは1本の電話からはじまった。

 「藤山さんキャンプやるんだよね~。今度、富士スピードウェイを7時間ママチャリで爆走するってレースがあるんだけど、そこで12人ぶんの朝飯と昼飯を作ってくれないかなぁ? ついでに1周、走って欲しいんだけど……」

 富士スピードウェイに何度か行ったことがある筆者は快く参加表明。まあ1周4.5kmもあるけど、時間をかけて走ればなんとかなるだろうという甘い考えだった。それより12人分の調理をする方がよっぽどキツイ! 朝4時に現地入りして、5時までにテント設営。そこから火を起こして7時までに全員の朝食を作らねばならない! しかも、昼飯の準備は朝食を食べ終わった8時ごろから始めないと12時に間に合わないのだ!

 そして後日、再び電話が鳴る。

レースクイーンも用意したんで、総勢18人分のメシ作ってねー

 と。おうおう!軽く言ってくれるじゃないの!+6人ってことは、+12食だっつーの! ファミリーキャンプ1泊分の材料と手間が電話1本で増えたぜ!

 こうして朝の4時からテントを設営して8時間の間に36食を用意するという戦いが始まった。

運転席以外はすべてダンボールとキャンプ道具で埋め尽くされた8人乗りのエスティマ。西新宿で荷物の積み替え中

 なにせ食材は肉6kg、パンが6斤相当、飲み物類がペットボトル20本、それに加えて野菜やら調味料やら、それを盛り付ける皿に取り皿コップなどなどの山々。加えてテーブルにイスにテントにタープ、コンロに燃料、なべヤカンだもの……。

なんとマルタケ運輸さんのサロンバスをもってしても、トランクが満杯になるという非常事態に! エスティマって一杯荷物積み込めるなぁ

 移動はアスキー・メディアワークスに全員集合してからバスで移動ということで、筆者は横浜の自宅からこれらを車に積み込んで出発する。そのために前日から愛車のエスティマ(8人乗り)に荷物を積み込む作業に取り掛かるものの、それはもうゲームの「テトリス」とか、懐かしい「倉庫番」っす。

 ママチャリGP恐るべし! すでに荷物の積み込みから決戦が始まっているのだ!

現地に到着すると、BBQ会場まで荷物を運ばにゃならねー!

積んだら降ろす。これ常識。朝の4時から肉体労働です

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ