このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第56回

【最新パーツ性能チェックVol.56】

デュアルGPUカード「Radeon HD 3870 X2」はCrossFireを超えられるか?

2008年01月28日 14時30分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回はHD 3870 X2と単体のHD 3870の比較の他に、HD 3870のCrossFire状態での性能も計測した。ドライバは全てAMDから提供されたサンプル版に統一している。また、マザーは最新BIOSにし、TLB Errata回避パッチを有効に、メモリはデュアルチャンネルに相当する“Ganged mode”に設定している。

高負荷時でも高スコアを記録

 まずは定番「3DMark06 build 110」でのテストから始めよう。解像度を変化させつつ、アンチエイリアス等を利用しないノーマル設定と、アンチエイリアス4x、異方性フィルタリング16xを追加した高負荷設定の2パターンで計測した。

「3DMark06」

「3DMark06」(アンチエイリアス&異方性フィルタリング無し)

「3DMark06」

「3DMark06」(4xアンチエイリアス&16x異方性フィルタリング)

 ノーマル設定ならフルHDであっても10000ポイントオーバーをキープするHD 3870 X2のパワーに驚嘆。HD 3870単体では高負荷設定にすると息切れが始まるが、HD 3870 X2ならほとんど息切れを感じさせない。
 だが興味深いのはノーマル設定ではHD 3870 CrossFireに微妙に負けるが、高負荷設定にするとHD 3870 X2が再び勝利するという点だ。HD 3870 CrossFireはメモリークロックが速く、各GPUがPCI Express 2.0で結ばれるという点で大きなアドバンテージがあるが、高負荷になるとブリッジを経由するという仕様そのものがネックになりはじめる、と考えられる。

両者の性能はほぼ同じ?

 次は「LOST PLANET EXTREME CONDITON」のテストだ。ノーマル設定では異方性フィルタリングx4、その他の設定全て「高」に設定し、高負荷設定ではアンチエイリアス4x、異方性フィルタリング16x、さらに「影の品質」「フィルタの品質」「Furの品質」に「DX10」を追加している。

「LOST PLANET EXTREME CONDITON」

「LOST PLANET」Snow(アンチエイリアス無し&4x異方性フィルタリング、Furの品質無し)

「LOST PLANET EXTREME CONDITON」

「LOST PLANET」Snow(4xアンチエイリアス&16x異方性フィルタリング、Furの品質&影の品質:DX10)

「LOST PLANET EXTREME CONDITON」

「LOST PLANET」Cave(アンチエイリアス無し&4x異方性フィルタリング、Furの品質無し)

「LOST PLANET EXTREME CONDITON」

「LOST PLANET」Cave(4xアンチエイリアス&16x異方性フィルタリング、Furの品質&影の品質:DX10)

 3DMark06と違い、このテストではHD 3870 X2はHD 3870 CrossFireよりも常時やや劣る結果になっている。ただHD 3870単体と比較した場合、約1.5倍程度の性能差を叩き出しており(ノーマル設定/Snowの場合)、せいぜい1.2倍程度しか伸びていない3DMark06と比較すればかなり満足のいく結果といえるだろう。

全然伸びないCrysis

 「Crysis」といえばDirectX10対応、かつ激しく重いFPSとして知られるタイトルだ。このテストでは画質を全て「高」に統一したものをノーマル設定、それにアンチエイリアス4xを追加したものを高負荷設定としてテストを行なった。テストに際しては最新版のパッチ1.1を適用している。

「Crysis」

「Crysis」(テクスチャ設定High)

「Crysis」

「Crysis」(テクスチャ設定High&4xアンチエイリアス)

 HD 3870単体と比較すると、確かに性能は伸びているのだが、差の出やすい高負荷設定にしても最高で1.3倍程度。CrossFireでも性能は大差ないことから、単純にゲームの描画エンジンとドライバのチューニングにまだ問題があり、ということだろう。元々NVIDIAが力を入れているタイトルだけに、AMD製GPUにとっては厳しいテストなのは承知だが、もう少しデュアルGPUならではの伸びを見せて欲しかったところだ。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中