このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第56回

【最新パーツ性能チェックVol.56】

デュアルGPUカード「Radeon HD 3870 X2」はCrossFireを超えられるか?

2008年01月28日 14時30分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CrossFireでは不具合の出るタイトルも動く

 次は比較的描画負荷の軽い「Call of Duty 4: Modern Warfare」を使ったテストだ。前者はアンチエイリアスを無効化し、テクスチャの設定を全て「Extreme」にしたものをノーマル設定に、アンチエイリアス4xと異方性フィルタリングを最大に設定したものを高負荷設定にしている。計測はFLAPSを使い、1面タンカーの甲板上を移動する際のフレームレートを計測した。

「Call of Duty 4」

「Call of Duty 4」(アンチエイリアス&異方性フィルタリング無し)

「Call of Duty 4」

「Call of Duty 4」(4xアンチエイリアス&異方性フィルタリング最大)

 しかし、このテストではHD 3870 CrossFire環境ではゲームが起動しないというトラブルに巻き込まれた。時間の関係上、トラブルを解決することはできなかったためグラフが空欄になってしまったが、それでもHD 3870 X2は問題なく動いたことは非常に評価できる。ノーマル設定ではほとんどHD 3870単体と差は出ないが、アンチエイリアス等を追加すると最高1.8倍程度まで性能差が開くというのは非常に気持ちがいい。

もはやノーマル画質で遊ぶ時代ではないのかも

 もう1つ、描画負荷の軽めな「Unreal Tournament 3」でもテストを行なってみた。ディテール関係の設定は全て最大にしたものをノーマル設定とし、Catalyst Control Center上で強制的にアンチエイリアス4x、異方性フィルタリング16xを適用したものを高負荷設定としている。

「Unreal Tournament 3」

「Unreal Tournament 3」vCTF-SuspenseでのFlyby(アンチエイリアス&異方性フィルタリング無し)

「Unreal Tournament 3」

「Unreal Tournament 3」vCTF-SuspenseでのFlyby(4xアンチエイリアス&16x異方性フィルタリング)

「Unreal Tournament 3」

「Unreal Tournament 3」DM-ShangriLaでのFlyby(アンチエイリアス&異方性フィルタリング無し)

「Unreal Tournament 3」

「Unreal Tournament 3」DM-ShangriLaでのFlyby(4xアンチエイリアス&16x異方性フィルタリング)

 このテストもCrossFire環境では動作しなかった。HD 3870単体との性能比はCall of Duty4とほぼ同じような展開になっている。HD 3870 X2クラスのビデオカードを使うなら、ゲームはノーマル画質で遊ぶべきではない、ということだろうか。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中