このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第59回

【最新パーツ性能チェックVol.59】

「GeForce 9800 GX2」はゲーマーを新たな境地に連れていってくれる?

2008年03月25日 19時09分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年末より始まった“AMD vs NVIDIA”のGPUリニューアル合戦。ミドルレンジ~アッパーミドルを中心に有効打を的確に放つNVIDIAと、ローエンド~ハイエンドまで一気に刷新したAMDのガチバトルは見ごたえがあった。その中でも特に印象的だったのが、デュアルGPUを採用した「Radeon HD 3870 X2」の存在だ。その性能や使用感はすでに当サイトでもレビューした通りだが、本来なら真っ先に反応するはずのNVIDIAの反応は静か。いったいどうしたNVIDIA……と思っていたらやっぱり出ました新ハイエンド。2007年5月の「GeForce 8800 Ultra」の登場以来、とんと更新がなかった待望の製品「GeForce 9800 GX2」のレビューをお届けしよう。

「GeForce 9800 GX2」
「GeForce 9800 GX2」のリファレンスカード

NVIDIAもデュアルGPUで対抗!

 「GeForce 9800 GX2」(以下9800 GX2)は「Radeon HD 3870 X2」と同じ、もっと前でいえば「GeForce 7950 GX2」と同じ“デュアルGPU”を採用した製品だ。既に発売済みの8800 GTS 512(G92)搭載カードを2枚向かい合わせにしたような構造をしており、カード1枚をSLI状態にすることでパフォーマンスを稼ぐ構造になっている。若干動作クロックは変わっているものの、1GPUあたりの搭載メモリーや、メモリーバス幅、ストリーミングプロセッサ数等のスペックは全く同じ(下表参照)。ゆえに動画再生支援機能は第2世代のPureVideo HDを搭載し、DirectXも10.1ではなく10までの対応となる。

  GeForce
9800 GX2
GeForce
8800 GTS
GeForce
8800 GTX
GeForce
8800 GT
コアクロック 600MHz 650MHz 575MHz 600MHz
メモリークロック 2GHz 1.94GHz 1.8GHz 1.8GHz
シェーダークロック 1.5GHz 1.62GHz 1.35GHz 1.5GHz
搭載メモリー 512MB×2 512MB 768MB 512MB
メモリーバス幅 256bit×2 256bit 384bit 256bit
ストリーム
プロセッサー数
128×2 128 128 112

 また、ボード上部にはSLIブリッジ用のコネクターを1つ備え、9800 GX2を2枚利用するQuad SLIにも対応する(ただし原稿執筆時点でのドライバーは未対応)。前述の通り9800 GX2は1枚でSLI状態にする訳だが、これを有効にするためにはドライバー側で“マルチGPU”を有効にする必要がある。これを有効にした場合、利用できるDVIコネクターが片方だけになるなど、ライバルの「Radeon HD 3870 X2」と比べると、まだまだ洗練度が足らない感じだ。

NVIDIAコントロールパネル
「NVIDIAコントロールパネル」内で「マルチGPU」を有効にしないと本来意図された性能は出ない。筆者が最初に導入したドライバーではデフォルトで無効だったが、ベンチで利用した最新βではデフォルトで有効になっていた
コネクター部
マルチGPUを有効にすると、1と刻印された方のDVIコネクターしか利用できなくなる。このあたりの仕様はちょっと改善して欲しいところだ

 設計的に面白いのは、9800 GX2は基板全体がほぼ完全にカバーで覆われているという点だろう。遠目で見れば完全な黒い箱そのものといった感じだが、カード両面には吸気用の穴が開いており、ここからブロアーファンが空気を採り入れるようになっている。ただし、GPUを冷却した後の温風はカード上部のスリットを通じケース内部に放出されるという実に豪快な仕様になっているため、ケース内温度の大幅な上昇は避けられないだろう。

「GeForce 9800 GX2」表面 「GeForce 9800 GX2」裏面
写真右側の穴から空気を取り入れる。穴からはわずかにブロアーファンが見えるこちらは裏面。表面とほぼ同じデザインのため見分けがつかない
排気口 SLIコネクタ
排熱は写真のスリットを通じケース内部に放出されるカードにはSLIブリッジ用のコネクターを1つ備え、9800 GX2を2枚利用するQuad SLIにも対応する
電源コネクタ 電源コネクタ
ほかにも、カード上部には電源コネクタとS/PDIF端子を装備している
GeForce 9800 GX2の構造イメージ GeForce 9800 GX2の構造イメージ。2枚のビデオカードで冷却機構をサンドイッチした構造となっている

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中