このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第252回

CPU占有率を下げてゲームプレイも配信もPC1台でこなす

GeForce RTX&新NVENC、OBSで高画質ゲーム配信できるって本当?

2019年03月14日 13時45分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Forza Horizon 4では優劣の傾向が異なる

 続いては「Forza Horizon 4」でも試してみよう。Far Cry New DawnはDirectX 11ベースだが、こちらはDirectX 12ベース。CPUやGPUの使われ方もFar Cry New Dawnとは対照的で、Forza Horizon 4のほうがマルチスレッドに最適化されている。

 テストはFar Cry New Dawnと同様、ベンチマークモードをOBSで録画する。画質は「ウルトラ」、解像度は1920×1080ドットとした。グラフ中の「GPU-」で始まる項目はGPU内部で処理しているフレームレートで、実際にユーザーに観測される平均フレームレートは「Avg」で示す。

RTX 2060で「Forza Horizon 4」を録画した場合のフレームレート。録画設定はCBR 8Mbps。

GTX 1080で「Forza Horizon 4」を録画した場合のフレームレート。録画設定はCBR 8Mbps。

 非常に興味深い結果が得られた。旧NVENCよりも新しいNVENCのほうがフレームレートが高いところは同じだが、CPU(x264)を使って録画したほうがより高いフレームレートが出たのだ。

 ベンチマーク結果をよく観察してみると、NVENCを使った時はベンチマークと録画ともに微妙なカクつきが発生していた。順序的にはベンチマークでスタッターが発生し、それがNVENCで微妙なコマ落ちとして現われるといったところだろう。これについては後ほど原因を追求する。

8Mbpsという中庸なビットレートを使っていても、Forza Horizon 4ではスタッターが100フレーム以上発生する。スタッターしたフレーム数が多いほど平均fpsも低下する。

x264を使って録画した場合。スタッター数はゼロにはならなかったが、出て数フレーム。この程度ならOBSを動かしてなくとも出る可能性はある。

 こちらも同様に、VBR 40Mbpsで録画した際のフレームレートも比較する。

RTX 2060で「Forza Horizon 4」の録画をした場合のフレームレート。録画設定はVBR 40Mbps。

GTX 1080で「Forza Horizon 4」の録画をした場合のフレームレート。録画設定はVBR 40Mbps。

 8Mbps時と同様、NVENCを使った場合はスタッターが発生するため若干フレームレートが落ち、むしろx264を使ったほうがゲーム上のフレームレートが高いという結果を得た。

 しかし、録画したものの品質をチェックすると、NVENCは微妙なスタッターは出ているものの全体としては鑑賞に耐えるものなのに対し、x264で録画した場合はfastでもmediumでも派手にコマが飛んでしまい、とても観られたものではない。高ビットレート録画ではCPUを使わないNVENCが圧倒的に有利なのだ。

 それでは画質比較といこう。上から順番に新NVENC(心理視覚エフェクト+Look-ahead)、新NVENC(心理視覚エフェクト)、旧NVENC、x264 fast、x264 mediumとなっている。

RTX 2060環境で録画した動画(CBR 8Mbps)の画質比較。

 8Mbpsで比較した場合はエンコーダーの癖がハッキリとわかるシーンがあった。特に顕著なのはアスファルトのテクスチャーや車の輪郭、そして高速で通過する看板の文字の3点だ。

 NVENCだと中距離にあるアスファルトのテクスチャーが完璧に消えてしまっているが、看板の文字は比較的しっかりとしている。また、旧NVENCよりも新NVENCのほうが車のディテールや看板の文字の輪郭がよりハッキリと描かれる。

 これに対し、x264は中距離にあるアスファルトの質感が辛うじて(ややブロックノイズぽくなっているが)残されている反面、車のディテールや看板の文字に滲みが見られる。特にx264 fastではそれが顕著だ。アスファルトのテクスチャーを表現しようとするあまりビットレートを消費してしまい、他の部分がおろそかになったという感じだ。この辺はエンコーダーのバランス感の違いとも言えるだろう。

RTX 2060環境で録画した動画(VBR 40Mbps)の画質比較。

 続いて40Mbpsでは、どのエンコーダーも中距離のアスファルトの質感がよく再現できており、ディテールもパキッとしている。しかし、x264はまだ文字の輪郭が微妙に甘い感じだし、何よりコマ落ちが激しくて鑑賞には適さない。

 この理由は簡単で、Forza Horizon 4はCPUのマルチスレッド化が進んでおり、各コアの占有率が元々高いからだ。そのため、x264ではCPUパワーに余裕がなくなってしまい、激しくコマ落ちするのだ。Forza Horizon 4に関しては言えば、高ビットレート録画するならNVENCが圧倒的に強いことになる。

Forza Horizon 4を新しいNVENC(左)とx264 fast(右)で録画した場合のCPU占有率。8Mbpsではコマ落ちしないが、CPUの余力はほとんど残されていない。40Mbpsではほぼ全コアフルロード状態となるので、コマ落ちするというわけだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中