このページの本文へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第6回

VTECターボを搭載したホンダのコンパクトSUV・VEZEL TOURINGが快適すぎた

2019年02月19日 16時00分更新

文● 栗原祥光 撮影●栗原祥光

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

上質で居心地のよい車内にニンマリ

 試乗車の車内は本皮のオプション仕様。室内に入ると「よいモノ」「居心地のよさ」を感じる。カーナビやエアコン制御などの操作類が僅かにドライバーズシート側に寄っているのも好印象。かといって助手席の人が操作しづらいことはなく、このわずかな角度が操作のしやすさと「コクピット感」を演出している。

水平基調としたコンソール

ナビゲーションやエアコン類はドライバー側に向けられている

運転席の様子

 シートは全席キルティング模様で高級感を演出。シートポジションもやや立った形であるほか、シートそのものの硬さが適切であるため、長時間着座しても腰痛になりにくいだろう。

ペダル類は金属製

後席の様子

 2階建てのセンターコンソールの収納は必要にして充分で、下面には2ポートのUSB端子とHDMI、そしてシガーライターソケットを備える。シガーライターソケットは後席にも用意されており、変換アダプターを使えば全席でスマートフォンの充電が可能だ。運転席側のUSBポートのみナビと接続されており、スマートフォンに入った音楽の再生等を可能としている。

コンソール下のUSBポート

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ