このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Z270マザーどれを買う? 各メーカーの特徴を比較第1回

新シリーズ展開、デザイン一新で攻めるASRockのZ270マザー

2017年01月26日 12時00分更新

文● 鈴木雅暢 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “Kaby Lake”こと第7世代Coreプロセッサーの登場に合わせて、Intel 200シリーズチップセットを搭載したマザーボードが続々登場してきた。なかでも主力のIntel Z270チップセットを搭載したマザーボードは、各社ともバリエーション豊富で魅力的な製品がそろっている。

 ここでは、ASRock/ASUS/GIGABYTE/MSI(アルファベット順)の4大マザーメーカーが発売するZ270マザーボードの特徴を紹介していこう。初回はASRockをとりあげる。

コストパフォーマンスの高さに定評のあるASRock

シリーズ展開を増強
新フラッグシップモデルも登場

 ASRockの特徴は、ハイエンドからローエンド、スモールフォームファクターまでユーザーニーズに応える幅広いラインナップを展開する開発力、コストパフォーマンスの高さで定評があり、年々日本市場での存在を増している。

 かつてニッチなニーズに応える個性的な製品をリリースしたことから、畏敬の念をこめて「変態」と呼ばれていたが、そのDNAを感じさせる大胆さ、個性も所々に垣間見える。

 さて、同社のIntel 200シリーズラインナップは、フラッグシップとして新たに「Super Carrier」シリーズが登場。さらに高コスパの「Taichi」、ゲーミング向けの「Fatal1ty Gaming」、スタンダードの「Extreme」、そしてリーズナブルな「Pro」の5ブランドで展開される。

 これまでに比べてブランドが多くなったが、従来、Extremeシリーズのハイエンドに位置していたモデルがより強い個性を備え、「Super Carrier」「Taichi」として独立したようなイメージでいいだろう。

 なお、今回はオーバークロック向けの「OC Formula」シリーズのモデルは用意されていないが、次期ウルトラハイエンドプラットフォーム(X99の後継)に合わせて開発を進めているという。

ASRockのIntel 200シリーズマザーボード
同社200シリーズマザーボードの特徴。デザインへの注力が特に感じられる

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中