このページの本文へ

ASUS「ROG STRIX Z270I GAMING」

Z270搭載のASUS製Mini-ITX対応マザーが発売

2017年02月24日 23時30分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSから、Z270チップセット搭載のMini-ITX対応マザーボード「ROG STRIX Z270I GAMING」が発売された。ゲーマー向けマザー「ROG STRIX」シリーズの製品だ。

Z270チップセット搭載のMini-ITX対応マザーボード「ROG STRIX Z270I GAMING」

 ASUSからKaby Lake対応のゲーマー向けマザー「ROG STRIX Z270I GAMING」が発売された。オーディオ機能の「ROG SupremeFX」や、ネットワークゲームのデータ転送速度を向上する「Game First IV」といったゲーム用の機能を搭載。LEDでマザーボードを演出する「Aura」機能も実装しているほか、5050タイプのLEDテープに対応するピンヘッダをマザーボード上に搭載している。

 M.2スロットはマザーの表と裏に1基ずつ装備。表側のM.2スロットはチップセットと同時に冷却する「DOUBLE-DECKER HEATSINK」機構を採用。M.2ストレージの温度を最高20度下げられるという。

表側のM.2スロットはチップセットと同時に冷却する「DOUBLE-DECKER HEATSINK」機構を採用している

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1。メモリーは、DDR4 DIMM×2(DDR4-4266/4133/4000/3866/3733/3600/3466/3400/3333/3300/3200/3000/2800/2666/2400/2133 、最大32GB)という構成。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I219V)やWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac + Bluetooth v4.1、サウンド(ROG SupremeFX S1220A)、M.2×2、SATA3.0×4、USB 3.1×1、USB 3.0×6、USB 2.0×2などを装備。グラフィックス出力機能としてHDMI 1.4b×1、DisplayPort 1.2×1を搭載する。

Mini-ITX対応マザーボードとしてはかなりお高い3万円。LEDでマザーボードを鮮やかに光らせる「Aura」機能もサポートしている

 価格は3万24円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中