このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Z270マザーどれを買う? 各メーカーの特徴を比較第2回

ゲーミング向けラインナップを強化したASUSのZ270マザー

2017年01月27日 12時00分更新

文● 鈴木雅暢 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本特集では、4大マザーボードメーカーのZ270マザーボードの特徴と代表的なモデルを紹介している。今回はASUSを取り上げよう。

日本で絶大な人気を誇るASUS

完成度の高さから日本でトップシェアを誇る
ASUS

 ASUSといえば、マザーボードでは長年日本市場でトップシェアを誇り、No.1メーカーといっていいだろう。また、ビデオカードなど他のPCパーツ、さらにノートPCやタブレット、スマートフォン、ルーターなどでも実績を挙げており、いまやグローバルな総合ブランドへと成長している。

 同社のマザーボードは、堅実な設計と使い勝手の良さが特徴。ハードウエア、UEFI、ユーティリティまで含めた完成度の高さが強く支持されている。

 さて、同社はIntel 200シリーズのローンチにともない、マザーボードのブランド/シリーズ体系をリニューアルした。オーバークロッカー/ゲーマー向けを拡充して「ROG MAXIMUS」「ROG STRIX」の2系統で展開。

 従来のスタンダードシリーズは「PRIME」シリーズと名付けられ、長期耐久テーマにした「TUF」を加えた4シリーズで展開する。ネーミングルールも変更され、製品目の頭にシリーズ名が付加されるようになった。

オーバークロッカー/ゲーマー向けブランドの「R.O.G.」は「ROG」に表記が変更された。ビデオカードの「ROG STRIX」を統合し、ゲーミングモデルのラインナップが厚みを増した
ネーミングルールが変更され、製品名の先頭にシリーズ名が付加されるようになった
製品名の見方。製品名からどんな製品なのかイメージできるようになっている
ASUSの200シリーズの特徴

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中