このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Z270マザーどれを買う? 各メーカーの特徴を比較第3回

LEDとサウンド、Thunderbolt 3にこだわるGIGABYTEのZ270マザー

2017年01月28日 12時00分更新

文● 鈴木雅暢 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本特集では、4大マザーボードメーカーのZ270マザーボードの特徴と代表的なモデルを紹介している。今回はGIGABYTEを取り上げる。

Thunderbolt 3やUSB PDを積極導入するなど、技術的な部分でアグレッシブな姿勢が目立つGIGABYTE

伝統とアグレッシブな姿勢を兼ね備える
GIGABYTE

 最近ではBRIXブランドのベアボーンPCやビデオカードなどでも活躍が目立つGIGABYTEだが、マザーボードでは特に古くから日本市場をリードしてきた老舗メーカーだ。

 その実績は枚挙にいとまがないが、中でも2011年に投入したG1シリーズの功績は大きい。それまでは漠然とひとくくりにされがちだった「ゲーミング」と「オーバークロッキング」を切り分け、リアルゲーマーに訴求する方向性を定めたことは、その後の各社の展開に大きな影響を与えている。

 また、近年ではいちはやく内蔵GPUでHDMI 2.0出力を可能にしたり、ミドルレンジクラスのモデルにもThunderbolt 3やUSB PDを積極導入するなど、テクノロジー的な部分でもアグレッシブな姿勢が目立つ。

 さて、同社は、Intel 200シリーズのローンチにともない、ハイエンドのゲーミングブランドとして新たに「AORUS」シリーズを新設した。このAORUSには、すでにノートPCやキーボード、マウスなどの周辺機器などをラインナップしている。今回、マザーボードを統合し、ゲーミングの総合ブランドとして発展させていくようだ。

 同社の200シリーズのラインナップは、このAORUSに加えて、メインストリームのゲーミングシリーズである「Gaming」、スタンダードの「Ultra Durable」とともに、3シリーズのラインナップで展開する。

ハイエンドのゲーミングシリーズは、新たにAORUSブランドとして展開する
AORUS以外にもメインストリームの「Gaming」シリーズもラインナップする
スタンダードのUltra Durableシリーズのハイエンドラインナップ
スタンダードのUltra Durableシリーズのメインストリームラインナップ

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中