このページの本文へ

空っぽの日産スタジアムでインスタ撮影する“#empty”プロジェクト

横浜F・マリノスがInstagramをスポーツで活用

2016年04月19日 09時00分更新

文● ガチ鈴木/ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

InstagramのCEOが選手に直撃

 試合は残念ながら引き分けに終わってしまったが、この日はInstagramのケビン・シストロムCEOと、マイク・クリーガーCTOも観戦に訪れて、試合後にスタジアムのミックスゾーンにて選手2名とインスタグラムの活用について語った。

 今年、Jリーグ通算200試合を果たした不動の左サイドバック下平匠選手は、アカウントにカギをかけて利用しているという。これにはケビン・シストロムCEOは、「ファンもフォローしたいと思っているので、アカウントを公開してほしい」と要望。

マイク・クリーガーCTO(左)、ケビン・シストロムCEO(中央)、下平匠選手(右)

 2015年は松本山雅でプレーし、東京ヴェルディ1969から移籍してきたMFの前田直輝選手は21歳の若手ならではの使いこなし。インスタが好きでフォロワーは約3000人。お気に入りは15秒から60秒になった動画で、過去の動画を見直して楽しんでいるという。

前田直輝選手(中央)

 またケビン・シストロムCEOはInstagramが日本の市場で伸びていることとスポーツとInstagramの相性について、「ゲームの試合の前後の様子、試合中の様子を伝えて、相互にコミュニケーションをとったり、15秒から60秒にした動画も相性も良い。チームの活動を載せることで、世界に発信していくこともできる。写真は非言語のため、世界共通でメッセージが送れる」としていた。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ