このページの本文へ

知財で読み解くITビジネス by IPTech

知財で読み解くITビジネス by IPTech

スタートアップと知財の距離を近づける取り組みを特許庁とコラボしているASCIIでは、“ITにおける新ビジネスと知財”をテーマにした新連載を、Tech企業をIP(知的財産)で支援するIPTech特許業務法人と開始します。Techビジネスプレーヤーが知るべき知財のポイントをお届けします。

2020年07月29日 09時00分更新

文● IPTech特許業務法人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • 後発企業だったメルカリはいかにキャッシュレス激戦区に参入したか

    2020年07月29日 09時00分

    日本を代表するスタートアップ・メルカリの事業成長と知財の関係(後)

    第13回  後発企業だったメルカリはいかにキャッシュレス激戦区に参入したか

    メルカリが知財部門を強化したうえでなされた特許出願事例を通じて、上記の内容を振り返りつつ、メルカリがとった特許戦略について見ていきたいと思います。

  • メルカリの特許ポートフォリオから見る、スタートアップの事業フェーズと特許戦略

    2020年07月22日 11時30分

    日本を代表するスタートアップ・メルカリの事業成長と知財の関係(前)

    第12回  メルカリの特許ポートフォリオから見る、スタートアップの事業フェーズと特許戦略

    日本を代表するスタートアップ・メルカリの事業の成長と、決済サービス「メルペイ」事業の立ち上げに伴い知財部門を強化していった経緯を見ていきたいと思います。メルカリが知財部門を強化したうえでなされた特許出願事例を通じて、メルカリの特許戦略に注目します。

  • JINS MEMEの事例から見えるユーザー接点と連携したウェアラブルの新たな価値

    2020年05月13日 09時00分

    知財戦略は自社のマーケティングに寄り添う形で考える

    第11回  JINS MEMEの事例から見えるユーザー接点と連携したウェアラブルの新たな価値

    ユーザーとのさらなる接点確保を目的に、大手IT企業がウェアラブルデバイス分野への進出を進めている一方、以前から時計や眼鏡などのアイテムを提供してきた企業がセンサーやソフトウェアの開発を進め、自社製品のウェアラブルデバイス化を進める動きも加速しています。本稿では、スマートウォッチと同じく注目が集まるスマートグラスについて、ジンズホールディングスが提供する「JINS MEME」を題材として、同社のマーケティング戦略と知財戦略の関係について見ていきたいと思います。

  • ぐるなび・EPARKの予約プラットフォーム特許戦略比較

    2020年04月01日 07時00分

    先発企業・後発企業、それぞれが取るべき戦略とは?

    第10回  ぐるなび・EPARKの予約プラットフォーム特許戦略比較

    2019年に約200億円の資金調達を行い、国内資金調達ランキング上位となった予約プラットフォーム「EPARK」。近年は特許の獲得に注力していることが伺え、本稿ではぐるなびとEPARKの特許出願状況の比較を通じて、先発企業が特許を蓄積している状況で、後発企業がどのように切り込んでいくのか、それぞれの特許戦略について考えていきたいと思います。

  • 本田圭佑も注目 「次世代電子チケット」はライブ・エンターテイメントビジネスをどう変えるのか

    2020年03月04日 09時00分

    ~電子チケット技術と特許の動向~

    第9回  本田圭佑も注目 「次世代電子チケット」はライブ・エンターテイメントビジネスをどう変えるのか

    近年のエンターテイメント業界では「体験の価値」に注目が集まっており、音楽業界におけるライブ・エンターテイメント市場は、その規模が過去10年で2倍になったという報告もあります。それに伴い、電子チケットやバーチャル空間におけるイベント開催など、ライブイベントにまつわるテクノロジーも多数開発されています。

  • ソフトウェア業界の特許戦略は自社だけで考える時代では無い

    2020年02月05日 07時00分

    ~不毛な特許訴訟を回避するコミュニティ活動と、これからの特許戦略設計~

    第8回  ソフトウェア業界の特許戦略は自社だけで考える時代では無い

    LOTを含めた「ソフトウェア業界で行われている、特許訴訟の負担を軽減するための取り組み」を紹介します。

  • NIKEの特許に見る、ブロックチェーン技術の事業展開動向

    2020年01月08日 07時00分

    第7回  NIKEの特許に見る、ブロックチェーン技術の事業展開動向

    今回は、ナイキが取得した特許の内容を紹介しながら、ブロックチェーンの今後の実用化・事業展開の方向性について考えてみたいと思います。

  • TikTok運営企業の中国特許から読み解く、IT業界の今後の動向

    2019年12月04日 07時00分

    中国ユニコーン企業「バイトダンス(ByteDance・字節跳動)」の知財に迫る

    第6回  TikTok運営企業の中国特許から読み解く、IT業界の今後の動向

    今回はこれまでの連載とは趣向を変えて、中国企業の知財情報から今後のIT業界の動向を読み解くことにチャレンジしてみようかと思います。

  • カプコン・コーエーテクモの訴訟から考えるゲーム特許の未来

    2019年11月06日 07時00分

    ゲーム業界でIBMが保有する特許の存在感アップ

    第5回  カプコン・コーエーテクモの訴訟から考えるゲーム特許の未来

    ゲーム業界における特許の概要を紹介しつつ、カプコンとコーエーテクモの訴訟で争われた内容と今後のゲーム業界の特許動向予想について解説したいと思います。

  • One Tap BUYのUI特許から考える競合参入への備え、金融の未来に見える大波

    2019年10月03日 07時00分

    LINEとスタートアップのサービス比較から考察

    第4回  One Tap BUYのUI特許から考える競合参入への備え、金融の未来に見える大波

    LINE証券に先行してスタートアップによってリリースされた「One Tap BUY」の動向を中心に、スマホ投資と関連する金融サービスの動向を考えていきたいと思います。

  • トヨタの特許無償開放を通じて考える「コントロール権」としての特許

    2019年09月04日 07時00分

    第3回  トヨタの特許無償開放を通じて考える「コントロール権」としての特許

    “ITにおける新ビジネスと知財”をテーマにTech企業をIP(知的財産)で支援するIPTech特許業務法人のTechビジネスプレーヤーが知るべき知財のポイントをお届け。今回はトヨタ自動車が車両電動化技術を無償提供した発表など、特許無償開放を通じた知財の「コントロール権」について考える。

  • 競合参入を1年以上防いだ「いきなり!ステーキ」のビジネスモデル特許

    2019年08月08日 07時00分

    事業の成長に貢献する「ビジネスモデル特許」を具体例で紐解く

    第2回  競合参入を1年以上防いだ「いきなり!ステーキ」のビジネスモデル特許

    「いきなり!ステーキ」のビジネスモデル特許は何が画期的だったのか。Techビジネスプレーヤーが知るべき知財のポイントをお届けする本連載。今回は、株式会社ペッパーフードサービスが2013年に開始した新規事業「いきなり!ステーキ」について取り上げます。

  • スタートアップにおける特許リスクの現実

    2019年07月03日 07時00分

    freee対マネーフォワード特許訴訟を振り返って

    第1回  スタートアップにおける特許リスクの現実

    “ITにおける新ビジネスと知財”をテーマにした新連載がスタート。第1回では、freee対マネーフォワードの特許訴訟を振り返りながら、スタートアップにおける特許リスクのリアルを考察します。

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ