このページの本文へ

チーム内クラウド動画共有サービスを採用、試合や練習の映像を移動中や遠征先で確認

サッカー×IT!横浜F・マリノスがSurface+Azureで選手強化

2014年01月23日 12時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは1月23日、Jリーグ加盟クラブの横浜F・マリノスとのスポンサー契約を締結するとともに、横浜F・マリノスがクラウドサービス「Windows Azure」、タブレットPC「Surface」、および「Windows ストア アプリ」を活用したチーム内動画共有サービスを採用したことを発表した。

 このサービスは、選手やコーチがAzure上に保存した試合や練習の映像を、遠征先や移動中など、時間や場所にとらわれることなく、Surfaceタブレットから確認できるというもの。「個人のスキルアップやチームの戦術確認をより効率的に実現できる」としており、横浜F・マリノスではまず、ユースカテゴリなどの育成世代から本サービスを利用開始する。

 横浜マリノス 代表取締役社長の嘉悦 朗氏は、「Surfaceを育成コーチが有効に活用し、クラブ強化に繋げられるようにいたします」とコメントを寄せている。

選手やコーチがSurfaceタブレットを使い、Azureクラウド上に保存された試合や練習の映像をいつでも確認できる(画面はサンプル)

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ