このページの本文へ

特集記事

北海道・札幌が未来に近づく5日間「No Maps 2019」レポート

北海道・札幌が未来に近づく5日間「No Maps 2019」レポート

札幌・北海道でクリエイティブな発想や技術で次の社会を創ることを目指す「No Maps 2019」。2019年10月16日から20日にかけて開催される本イベントをASCIIがレポート。
【過去特集】No Maps 2018No Maps 2017

2020年01月16日 07時00分更新

文● ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • NoMaps2019会期中にNASA主催の世界最大のハッカソンに札幌から挑戦

    2020年01月16日 07時00分

    優秀2作品は世界大会の選考へ

    NoMaps2019会期中にNASA主催の世界最大のハッカソンに札幌から挑戦

    アメリカのNASAが主催する世界最大規模のハッカソンをご存知だろうか。宇宙、衛星などのデータを使って、限られた時間でさまざまな問題の解決を目指すものだ。今回のNoMaps2019の会期がこのハッカソンと重なったこともあり、会場から世界規模のハッカソンにチャレンジするというイベントがあった。

  • 宇宙ビジネスはなぜ盛り上がっているのか?北海道から探る新たなエコシステム

    2020年01月11日 07時00分

    NoMaps 2019 セッション「北海道宇宙ビジネスサミット」レポート

    宇宙ビジネスはなぜ盛り上がっているのか?北海道から探る新たなエコシステム

    「現代に残された最後のフロンティア」と言われる宇宙。現在、北海道では宇宙をターゲットにした「宇宙ビジネス」が盛り上がりを見せつつある。NoMaps2019では「北海道宇宙サミット」と題して、同地で宇宙ビジネスに取り組んでいる6人を集めて討論会を開催した。300名以上の聴衆を集めた注目のセッションの様子をお届けする。

  • 札幌駅前の地下道に「身近な不便」解決する新サービスが集結

    2019年12月20日 07時00分

    NoMaps2019「Touch the NEW Street」レポート

    札幌駅前の地下道に「身近な不便」解決する新サービスが集結

    NoMaps2019では、会期中に札幌駅前通地下歩行空間を展示会場とし、各企業が新サービスを展示していた。驚くような新技術はないが、まだ残る「身近な不便」を解決するサービスの展示が目立っていた。

  • 「規制のサンドボックス制度」によって日本でも走り始めた電動キックボード

    2019年12月16日 07時00分

    人口減少時代に向けた「移動の足」になれるか?

    「規制のサンドボックス制度」によって日本でも走り始めた電動キックボード

    人口減少と高齢化が進む日本。公共交通機関の規模も今後縮小していき、移動手段を失う人も出てくるだろう。そこで注目を集めているのが「マイクロモビリティ」。シェアリングサービスの提供を目指す事業者と、新たな交通手段として期待を寄せる自治体関係者が語り合った。

  • 押井守監督が語る、アニメ制作におけるテクノロジーの限界

    2019年12月11日 07時00分

    NoMaps 2019セッション「第14回 札幌国際短編映画祭 札幌アニメ革命!!」レポート

    押井守監督が語る、アニメ制作におけるテクノロジーの限界

    2006年から毎年開催されてきた「札幌国際短編映画祭」。2019年はNoMaps 2019と並行してそのノミネート作品上映が行なわれた。本稿では、NoMaps 2019のセッションにゲスト登壇した押井守監督が語ったアニメ業界の現状認識と将来へのキーワードを中心にレポートする。

  • 初音ミクが創造した「誰でもクリエイター」文化のある世界

    2019年12月13日 09時00分

    NoMaps 2019レポート:VOCALOIDを開発した2人がそのすべてを語る

    初音ミクが創造した「誰でもクリエイター」文化のある世界

    2007年に発売され、爆発的な大ヒットとなった「初音ミク」は、VOCALOIDという歌声合成ソフトと少女の声を収録した音声ライブラリをパッケージし、それにバーチャルシンガーのキャラクターを持たせたもの。今回、VOCALOIDの開発をリードしているヤマハの吉田雅史氏と、クリプトン・フューチャー・メディア 初音ミク歌声合成関連プロジェクト・プロデューサーの佐々木渉氏が、NoMaps2019にて、VOCALOID文化の魅力とその成長のすべてを語った。

  • 台風で成田空港に足止めされた訪日外国人の心をつかんだAIチャットボット

    2019年11月26日 07時00分

    NoMaps 2019 セッションレポート、観光業で活躍する「Bebot」の事例

    台風で成田空港に足止めされた訪日外国人の心をつかんだAIチャットボット

    2019年9月の台風15号では、成田空港にアクセスする交通機関が止まり、空港に多くの訪日外国人が混乱の中に取り残された。そこで活躍したのがAIチャットボット「Bebot」だ。2019年10月17日、「NoMapsビジネスカンファレンス」のセッションに、Bebotを開発する株式会社ビースポークの長野資正氏が登壇。観光業におけるAIチャットボットの可能性について講演した。

  • 灯油配送回数を48%削減したIoT、自家幹細胞で脳梗塞治療――札幌でピッチコンテスト

    2019年11月24日 07時00分

    北海道経産局とNEDOがビジネスプランコンテスト開催、スタートアップ12社が参加

    灯油配送回数を48%削減したIoT、自家幹細胞で脳梗塞治療――札幌でピッチコンテスト

    経済産業省北海道経済産業局とNEDOは2019年10月16日、スタートアップを対象にしたビジネスプランコンテスト「"NoMaps NEDO Dream Pitch" with 起業家万博」を開催。全国から12チームが参加し、灯油の残量センサーで配達コストを削減するサービスを発表したゼロスペック株式会社が最優秀賞とNICT賞をダブル受賞した。

  • 北海道ならではの課題を時計で解決! シチズン初のハッカソン

    2019年11月01日 17時00分

    「Riiiver Innovation Project」レポート

    北海道ならではの課題を時計で解決! シチズン初のハッカソン

    シチズン「Eco-Drive Riiiver」を活用したハッカソンが初開催。排泄予測や思い出の記録など、3チームが最終プレゼンを実施した。

  • ライジングサンロックフェスで3000人以上が利用した地図アプリ

    2019年10月29日 09時00分

    NoMaps 2019 セッション「イラスト地図とGPSがリンクする~StrolyをRSRで使ってみた!!」レポート

    ライジングサンロックフェスで3000人以上が利用した地図アプリ

    10月16日から札幌で開催されているNoMapsは、クリエイティブな発想や技術によって次の社会を創ろうとする“現代的フロンティアスピリット”を持った人たちのためのコンベンション。3日間に及ぶビジネスカンファレンスから、手書きイラスト地図とGPSをシンクロして利用可能にするStrolyのアプリと、それを北海道で開催された本格的オールナイト野外ロックフェスティバルで活用した実例を紹介するセッションをレポートする。

  • 札幌市内を自動運転車が疾走! ロボットも同乗する実験内容をレポート

    2019年10月23日 14時00分

    地域や路線を限定することにより高い信頼性実現を目指す

    札幌市内を自動運転車が疾走! ロボットも同乗する実験内容をレポート

    NoMaps2019にて、札幌市内約4キロの一般道を使って自動運転実験が行なわれた。取材では走行実験に先立ち、群馬大学の研究・産学連携推進機構「次世代モビリティ社会実装研究センター」の副センター長 小木津 武樹氏から実験車両および実験内容について簡単なブリーフィングを受けた。

  • NoMaps2019が開幕 MIT石井裕氏「誰も見たことのない山を造り登頂してほしい」

    2019年10月16日 15時20分

    MITメディアラボ副所長石井裕氏のレセプションスピーチ

    NoMaps2019が開幕 MIT石井裕氏「誰も見たことのない山を造り登頂してほしい」

    10月16日よりNoMaps2019が北海道で開幕。開催に先立って実施したレセプションでのMITメディアラボ石井裕氏のスピーチをお届けする。

  • 北海道から「新しい価値」を発信「NoMaps2019」10月開催

    2019年10月09日 08時00分

    クリエイティブな発想や技術によって次の社会を開拓

    北海道から「新しい価値」を発信「NoMaps2019」10月開催

    No Maps実行委員会が10月16日から20日にかけて、北海道を舞台にしたクリエイティブコンベンション「NoMaps2019」を開催する。

  • スマートシティには遊び心があってもいい データが活きる都市の在り方とは

    2019年10月08日 07時00分

    NoMaps×国土交通省 特別対談

    スマートシティには遊び心があってもいい データが活きる都市の在り方とは

    地域が抱える課題とスマートシティによる解決策、その先にある地方都市の姿とは。NoMaps実行委員長であるクリプトン・フューチャー・メディア株式会社 代表取締役 伊藤博之氏と国土交通局スマートシティ担当者の特別対談をお届けする。

  • NoMaps  マイクロモビリティーをテーマにトークセッション開催 キックボード体験会も

    2019年10月07日 13時10分

    NoMaps マイクロモビリティーをテーマにトークセッション開催 キックボード体験会も

    NoMapsは10月18日に、トークセッション「未来の移動手段“北海道でのマイクロモビリティを考える”」を開催する。

  • NoMaps2019のガイドブックが公開 カンファレンス情報などを掲載

    2019年09月18日 18時00分

    NoMaps2019のガイドブックが公開 カンファレンス情報などを掲載

    No Maps実行委員会は「NoMaps2019」のガイドブックを公開。MIT教授 MITメディアラボ副所⻑の石井裕氏によるセッションなどを実施する。

  • NoMaps、音楽イベント「NoMaps MUSIC PARTY」を10月12日に開催

    2019年09月03日 14時30分

    地元を拠点に活動するバンドから全国アーティストまで多彩なジャンルで展開

    NoMaps、音楽イベント「NoMaps MUSIC PARTY」を10月12日に開催

    北海道でクリエイティブな発想や技術で次の社会を創ることを目指す「NoMaps」は、札幌にてミュージックイベント「NoMaps MUSIC PARTY」を開催する。

  • 北海道・札幌で加速する前例のない実証実験 NoMaps2019始動

    2019年06月28日 18時00分

    東京で行われた公式ミートアップの様子を速報レポート

    北海道・札幌で加速する前例のない実証実験 NoMaps2019始動

    東京で開催された公式ミートアップ「NoMaps the Meeeeeeeet! Vol.2」の様子をお届けしたい。新たなステップに進んだことを感じさせる発表もあり、回を重ねNoMapsが確実に進化していることを感じた。

  • NoMaps2019のプログラム発表 MITメディアラボ副所長の石井裕氏も登壇

    2019年06月26日 10時00分

    NoMaps2019のプログラム発表 MITメディアラボ副所長の石井裕氏も登壇

    No Maps実行委員会、「NoMaps2019」で開催する「No Maps Business Conference 2019」のメインビジュアルと開催プログラムを発表。MIT教授 MITメディアラボ副所⻑の石井裕氏によるスペシャルスピーチなどを実施する。

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ