第2回 確定申告のやり方ガイド

確定申告の必要がある人は誰なんだ

確定申告って、アルバイトも対象者なの?

コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

その気になればどんな格好でも働いてみせます。確定申告だってやってみます

 そろそろ、確定申告の季節がやってきます。確定申告とは、ざっくりいうと、「1年間の事業の儲け」と「収める税額」を自分自身で税務署に報告することです。

 しかし、そもそも「確定申告をしなきゃいけない人」って、誰が対象なの? と思っている人もいるのではないでしょうか。就職してからずっとやってないけど、大丈夫なのかしら……と不安になっている人もいるかもしれません。

A:会社勤めのサラリーマンやアルバイトは基本的に必要ない
個人事業主や、副業で20万円以上の所得を得ている人などが対象

 原則として、年間の所得金額から、所得控除額を差し引いても金額がプラスの場合は、確定申告を行わなければなりません。……と聞いて、「えっ! 会社勤めで給料もらってるけど、やった記憶がないぞ!?」と焦るのは早いです。

 会社勤めのサラリーマンやアルバイトなどで「給与」所得だけをもらっている人なら、基本的に確定申告の必要はありません。雇用している会社が、所得税分を給料から天引きして代わりに税務署に払ってくれているからです。

 もっとも、年間の給与収入が2000万円を超える人は、確定申告が必要です。また、給与所得および退職所得以外の所得があり、その金額が20万円を超えている場合も、確定申告をしなければなりません。つまり、投資や副業などで20万円以上の所得(収入から必要経費を差し引いたもの)があったりすれば、確定申告の対象者ということになります。

 ライターやカメラマンなど会社に所属していない、いわゆるフリーランスの人たちは個人事業主として確定申告をしなければなりません。また、編集者やウェブディレクターといった職種で会社で働いてはいるものの、雇用形態は業務委託契約なので、実は個人事業主というケースもあります。当然ながらこういった人たちも確定申告をする必要がありますね。

 同時に2ヵ所以上の会社から一定額の給与を得ている人、個人事業主の使用人などで源泉徴収が行われていない人も確定申告が必要です。。

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
09月
10月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
06月
07月
10月
11月
12月
2014年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
05月
10月
11月
12月
2012年
06月
07月
11月
12月
2011年
02月
09月
11月
2010年
01月
02月
03月
04月
05月
11月
12月
2009年
10月
12月
2008年
01月
04月
09月
2007年
01月
03月
05月
10月
11月