このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

企業システムを席巻する BI最新事情 第4回

IBM Cognos Performance 2009レポート

BIバージンにCognos Expressを強力プッシュ!

2009年11月20日 08時00分更新

文● 吉川大郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今後景気が回復しても、先行きが見えない世界が続いていく……というのは、先日レポートしたガートナーの見解だが(関連記事)、このような認識が広まるならば、BI(Business Intelligence)の未来は明るいかもしれない。

CE9

Cognos Express V9.0の紹介セッションより。BIに必要な一通りの機能を内包している

 日本アイ・ビー・エム(以下、IBM)は、都内にて同社のBI製品「Cognos」に関するイベント「IBM Cognos Performance 2009」を開催した。同イベントのサブタイトルには、「最大の価値を見いだすインテリジェンス活用 〜IBMパフォーマンス・マネジメントの進化〜」と書かれている。

 イベントでは、プロダクト、ビジネス、クロス・ソリューション、パートナーの4つのトラックに分かれてセッションが行なわれたほか、会場には各パートナーのブースが並び、Cognosベースのソリューションや導入サービスがデモンストレーションされていた。

 こうした会場の主役は、10月に提供が開始された「IBM Cognos Express V9.0」(関連記事)だ。中堅企業向けに、低価格ワンパッケージで提供される同製品は、企業にとってBIの入門ツールとも言える存在。それゆえ会場では、関心を持ちつつも未体験だったユーザーに対して「まずは触ってほしい!」と言わんばかりの無料体験ソリューションが並んだ。

 ここでは、パートナー各社のブースをレポートする。

次ページ「無料でCognosが体験できる 今はそんな季節なのだ」に続く

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ