このページの本文へ

企業システムを席巻する BI最新事情 第8回

レコード数10万の無償版も用意

SaaS型のBIツール「Zoho Reports」が正式リリース

2009年12月17日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
正式リリースされたZoho Reports

Zoho Reports

 ゾーホージャパンは、同社のオンラインデータベースレポーティング&ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Zoho Reports」を正式リリースした。

 同製品は、SaaSで提供されているZohoアプリケーションの中の1つで、データをピボットテーブルやグラフにし、経営上の意志決定ツールとしての役割を果たす。従来はβ版としてワールドワイドで4万人のユーザーが使用していたが、今回はデータ分析機能を追加したうえで正式版となった。

 具体的な機能は以下の通り。

ダッシュボードビュー
関連するレポートやビューを1つのページ内に並べて表示する。
iGoogleガジェット
Zoho Reportのガジェットを、iGoogle内に組み込める。
既存データのインポート
SCV、TSV、XLS、HTMLをインポートする。インポート後は表計算シートと同じように編集が可能。
外部アプリケーションからのデータ取得
オンプレミスのビジネスアプリケーションやデータベースと連携し、分析やレポート作成をする。対応しているのは、Oracle、SQL Server、MySQL、Accessなどで、これらからデータを取得してアップロードする形での連携となる。

 このほか、レポート作成やオンライン共有、SharePoint Serverへの組み込みやHTML自動生成といったエクスポート機能も備える。

 料金は、ユーザー数2名、レコード数10万、DB数5、クエリテーブル数5、バックアップ機能なしのフリープラン(無料)をはじめ、ユーザー数2名、レコード数25万、DB数とクエリテーブル数無制限、バックアップ機能の付いたベーシックプランが年間2万1600円。以降は、ユーザー数やDB数に応じて料金が上がる。

料金表

Zoho Reportsの料金表

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ