このページの本文へ

無料プランでは10万レコードまで追加可能

米国中間選挙でも活用!「Zoho レポート」が日本語対応

2011年11月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月11日、ゾーホージャパンはクラウド型レポート作成サービス「Zoho レポート」日本語版のサービスを開始した。

ドラッグ&ドロップ操作も可能なレポート作成サービス「Zoho レポート」日本語版

 「Zoho レポート」は、クラウド上でのデータベース作成や、データの視覚的な分析を可能にするサービス。米国市場でも高い評価を受けており、2010年11月2日の米国中間選挙でも活用されたという。

 Zoho レポートは、Excel文書やCSVファイルといった既存資産データのインポートに対応し、インポートしたデータは、ドラッグ&ドロップなど、一般的な表計算ソフトと同様に編集が可能。さまざまなグラフ形式を利用して、データを素早く分析でき、同僚との共有や共同編集、Web上でのレポート公開もスムーズに行なえるという。

 また、SQLクエリーやAPIを利用することで、サードパーティーのサービスとの連携もできる。

 Zoho レポート日本語版は、ユーザー登録後、言語設定のみですぐに利用を開始できる。無料プランでは、10万レコードまで追加可能だ。

Zoho レポートのプラント料金(年間)

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ