このページの本文へ

企業システムを席巻する BI最新事情第2回

中堅企業でもお手頃にBI!IBM Cognos Express V9.0登場

2009年10月15日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本アイ・ビー・エム(以下IBM)は、中堅企業向けのBI(Business Intelligence)ソフトウェア製品群「IBM Cognos Express V9.0」(CE9)の提供を開始した。

IBM Cognos Express V9.0
IBM Cognos Express V9.0

 CE9は、企業の意思決定を支援するためのレポーティング、分析といったBI機能のほか、計画立案、予算編成、予測成作などのプランニング機能が統合して提供される。これにより、現状と原因の把握、そこから展開される行動計画を立案できるという。

 IBMが挙げた想定事例を発表資料から抜粋すると、以下の通り。

ダッシュボードを通じてある製品が20代前半女性への販売が好調であるという傾向を把握し、その要因を詳しく分析することができます。その分析結果に基づき、より一層の収益増加のため、売上増加が見込まれる品揃えを増やしたり、ターゲットを絞ったプロモーション活動を展開したりなど、今後の具体的な施策についてリソースやコストの条件を確認しながら計画できます。



具体的なCE9の構成ソフトは、

  • さまざまな種類のレポート作成や非定型データの検索を行なう「IBM Cognos Express Reporter」
  • 情報を分析し、かつ得られた洞察を可視化する「IBM Cognos Express Advisor」
  • Excelのインターフェースで計画・予算策定・予測を行なう「IBM Cognos Express Xcelerator」

となる。これらの機能は段階的に導入可能で、価格については個別見積もりでの対応になるが、一例として、利用ユーザー20名、管理者1名でIBM Cognos Express Reporterのみを選択した場合、330万円となっている。

 なお、IBMはCE9のデモを、11月19日に開催する「IBM Cognos Performance 2009」にて行なう予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ