このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

“今”と“これから”を総まとめする無線LAN特集

“今”と“これから”を総まとめする無線LAN特集

2005年08月17日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

“今”と“これから”を総まとめする無線LAN特集

本記事は、ASCII24 Newsにて7月23日に掲載した【今週の特集】をASCII24 Review向けに編集・再掲したものです。

多数のノートパソコンに標準で無線LAN機能が内蔵され、町を歩いていると公衆無線LANサービスのスポットが目に付くようになってきた昨今。この後紹介するアンケートから見てもわかるように、現在では“家庭内ネットワーク=無線LAN”とも言えるほど、家庭を中心に広く普及してきている。そこでここでは、搭載製品の広がりや新規格の登場など、今後も進化と普及が続いていく無線LANについて、2005年前半の動きと今後の展開についてまとめていこう。



アンケート結果発表!!

現在無線LAN機能をお使いですか?公衆無線LANサービスを利用したことがありますか?

 まず始めに、先週実施した“第233回 無線LANについて”のアンケート結果を見ていこう。回答者のうち、自宅で無線LANを利用しているユーザーは66.2%、会社や学校で使っている人は22.6%。家庭を中心に無線LANが広く普及しているが、今年2月に実施した無線LANのアンケートと比較すると、企業/学校での利用が伸び悩んでいる状況が窺える。一方、公衆無線LANサービスを利用しているユーザーは、2月のアンケートと同様に10%に満たず、別の設問でこれまでに公衆無線LANサービスを使ったことがあるかどうかという質問に“はい”と答えたユーザーも15.4%にとどまっており、普及はまだまだこれからという印象だ。

公衆無線LANサービスを利用したことがありますか?

 無線LANユーザーが実際に使っている無線LAN規格は、6割近くがIEEE 802.11b。しかし、次に普及が始まったIEEE 802.11gも5割に迫っており、5GHz帯の無線LANユーザーが圧倒的多数という情勢。一方、5GHz帯のIEEE 802.11aのユーザーは17.6%となっている。

 IEEE 802.11aは従来、日本国内独自の周波数帯/チャネル割り当てに基づく規格となっていたが、5月16日に総務省が公布/施行した“電波法施行規則の一部を改正する省令”により、“世界無線通信会議”により分配された国際標準の周波数帯/チャネルにも対応した新規格(改正規格)へと生まれ変わっている。とはいっても、すでに世の中に出回っているIEEE 802.11a対応機器が今すぐに使えなくなるというわけではなく、現在使われている製品については旧規格のまま継続して使用することが可能だ(“IEEE 802.11a対応機器”として総務省から免許を取得している製品については、規格の新旧に係わらずその利用に関して制限はない)。新IEEE 802.11aに関しては、次ページで改めて詳しく解説する。

IEEE 802.11aの規格変更がご自身のパソコン環境に何か影響を与えましたか? または、今後影響があると思いますか?

 このあたりの状況を踏まえて、IEEE 802.11aの規格変更が自身のパソコン環境に何か影響を与えると思うかどうかを聞いてみたところ、39.0%のユーザーは“特に影響はなく、今後もないと思う”と答えている。

IEEE 802.11aの規格変更がご自身のパソコン環境に何か影響を与えましたか? または、今後影響があると思いますか?

 現在無線LANを使用している機器についての設問では、ノートパソコンを無線LANでネットワーク接続しているという回答が68.9%と圧倒的だが、デスクトップパソコンで無線LANをしているユーザーも33.7%となっている。また、数字的には5%弱だが、TVやビデオレコーダー、家庭用ゲーム機で無線LANを使用しているという人もおり、ここまでの回答と総合すると、家庭内のワイヤレス化は順調に広がってきていると見ていいだろう。

公衆無線LANサービスを利用したいと思う“場所”があれば教えてください

 最後に、公衆無線LANサービスを利用したいと思う“場所”について訊ねた設問では、“交通機関の車内(移動中)”(42.3%)と“屋外全般”(41.3%)が上位を占めている。現時点では普及途上にある公衆無線LANサービスだが、現在の“点”の展開(限定的なスポットでの提供)から、屋外や交通機関車内といった“面”“線”の展開が始まっていけば、爆発的な普及が始まるのではないだろうか。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン