このページの本文へ

ターボリナックス、『UnitedLinux Service Pack 1』を3月20日より提供開始

2003年03月09日 20時33分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ターボリナックス(株)は、『Turbolinux Enterprise Server 8 powered by UnitedLinux』(以下、TLES 8)を対象としたアップデートパッケージ『UnitedLinux V.1.0 Service Pack 1 for Turbolinux Enterprise Server 8』のCDを、TLES 8の登録ユーザー向けに20日より発送する。

アップデートパッケージには、TLES 8に含まれるパッケージのアップデートやセキュリティフィックスに加え、日本語ドキュメント、システムを停止せずにアップデートを行なう“ライブアップデート”機能、Oracle9iの導入を支援する『DBNavi』などが含まれる。このパッケージを利用することで、TLES 8のパッケージをアップデートできるのに加え、『Oracle9i Database』、『Oracle9i Real Aplication Clusters』に正式に対応したプラットフォームを構築可能になる。

アップデートパッケージのインストール画面
Service Pack 1のインストール画面。『Oracle9i』に正式対応するためのパッケージを使用するか、最新のパッケージを使用するか選択できる。

『UnitedLinux V.1.0 Service Pack 1 for Turbolinux Enterprise Server 8』は、CD-ROMによる提供のほか、ターボリナックス(株)のWebサイトを通じて、登録ユーザー向けにISOイメージのダウンロード提供も行なわれている。

カテゴリートップへ

ピックアップ