このページの本文へ

ターボリナックス、“Turbosupport”サービスを強化─24時間365日のサポートサービスを開始

2003年03月13日 15時35分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ターボリナックス(株)は、官公庁や自治体、大手企業ユーザーを対象にした『Turbolinux』製品の24時間365日のサポートサービスを4月1日より開始すると発表した。

このサービスは、『Turbolinux Enterprise Server』や『Turbolinux Server』、『TurboDB』、『Turbolinux CLUSTERPRO』を対象に、電話およびメールによるインストール、設定および障害に関する問い合わせを受け付けるというもの。サポートのメニューおよび対象製品は以下のとおり。

ターボサポート スタンダード 24×7
対象製品……『Turbolinux Server』
ターボサポート スタンダード for Enterprise Server 24×7
対象製品……『Turbolinux Enterprise Server』
ターボサポート for PostgreSQL 24×7
対象製品……『Turbolinux Enterprise Server』または『Turbolinux Server』とPostgreSQLを組み合わせたシステム
ターボサポート for PostgreSQL CLUSTERPROパック 24×7
対象製品……『Turbolinux Enterprise Server』または『Turbolinux Server』とPostgreSQLおよび『CLUSTERPRO』を組み合わせたシステム
ターボサポート for CLUSTERPRO Server 24×7
対象製品……『Turbolinux Enterprise Server』または『Turbolinux Server』と『CLUSTERPRO』を組み合わせたシステム

契約期間は1年間(次年度以降は自動継続)で、価格は120万円からとなる。同社はこのサービスを通じて、基幹系業務システムへのLinux採用や、電子政府などでのオープンソース活用をバックアップするとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ