このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

古田雄介の“顔の見えるインターネット” 第11回

今川焼じゃダメなんです──タイ焼きに「無償の愛」を捧げる女子ブロガー

2007年11月12日 11時00分更新

文● 古田雄介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自称「タイ焼きアガペー」

 

── いとぅさんにとって「至上のタイ焼き」とは、どんなものになりますか?

いとぅ タイ焼きは本当に好みが分かれると思うので、あくまで私の観点で語ります。

 まずあんは粒がしっかり残っていて、水分少なめで、甘さは控えめのもの。皮には甘い味がついていて、バリが真四角にはみ出しているといいですね。

 食感はフワフワよりもカリカリ。薄めの皮で、少し焦げているくらいのカリカリさが最高です。タイ焼き本体の大きさは、手の平サイズだとちょうど食べ飽きないのでベストでしょう。食べるタイミングは、焼きたて。季節は春で決まりです。

バリ タイ焼きの型からはみ出した余りの皮。通常は焼いた後、店員さんによってカットされるが、いとぅさんはできる限りバリつきのままで食べたいという

 

── 今日最初に食べた「根津のたいやき」は、皮も薄くて結構好みにマッチしていますよね。

いとぅ あれは美味しいですね。星4つくらい。

 

── 星5つはいきませんか?

いとぅ 過去に星5つになったのは、新橋の「櫻家」と、京王多摩川駅の「みよし」という小さなお店だけです。ちなみに両方とも養殖モノです。

 世のタイ焼きマニアのなかには、天然モノこそ本物だという人もいるみたいですけど、私はそうしたこだわりはあまりないんです。天然モノも養殖モノも、それぞれのよさがあります。特に養殖モノは皮にこだわったものが多く、冷めたあとも楽しめるんです。

 だからタイ焼きだったら、鯛の形をしているだけで愛しています。自称「タイ焼きアガペーです(笑)。タイ焼きエロスではなく。

アガペーとエロス アガペーは、キリスト教における概念で、神の人間に対する「無償の愛」を意味する。エロスはギリシア哲学などで使われる用語で、「人間の利己的な愛」「男女間の愛」などと解釈される。

 

── 昔、文化人の間で「タイ焼き論争」という、しっぽにあんを入れるべきか否かという論争がありました。いとぅさんはどういう立場を取りますか?

いとぅ どちらでもタイ焼きなら愛します(笑)。それぞれに食感の良さがありますからね。ただ、論争で「しっぽは捨てるものだ」という意見があったそうですが、それは駄目です。あまりにもったいないです

 ちなみに私的にはタイ焼きは頭から食べるのが正しくて、しっぽから食べるのは邪道です。しっぽは最後に「口直し」として味わえますので。

 
古田さん

筆者紹介──古田雄介

 

建設現場と葬儀業を経てデジタル&サブカルライターに転身。デジタルと言いつつ、“古田雄介の週末アキバPick UP!”(ITmedia)など、足で稼ぐ記事が多い。当連載では、大好きなサイトの管理人さんに直接会える喜びを堪能しています。自ブログは“古田雄介のブログ”。

 

*次回は11月26日掲載予定

 

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン