このページの本文へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第177回

人も荷物もたくさん乗る! 日産「NV350キャラバン」に1週間乗ってわかった高い実用性

2021年12月18日 15時00分更新

文● 矢田部明子 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クルマ好きアラサー女子の矢田部明子です。今回は、日産の「NV350キャラバン」についてレポートしていきたいと思います。1週間乗ってみて分かった、良かったこと&悪かったことを、包み隠さずお伝えできればと思います。購入を検討されてらっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてください!

人も物もたくさん乗る!
NV350キャラバンはこんな車

 NV350キャラバンはワンボックスタイプの商用車で、荷物を沢山積めるのが魅力の1つです。街中で、土木関係の方がハシゴや資材を積んでいるところをよく見かけるので、個人的には職人さんが乗っている車というイメージがあります。5~6人乗り&荷室が広い「バンタイプ」、10人乗りの「ワゴンタイプ」、14人乗りの「マイクロバスタイプ」など、使うシーンを想定して様々なバリエーションがラインアップされています。今回、私が試乗したのは「トランスポータータイプ」で、スノーボードやバイクなど遊び道具を積み込める&ベッドキットが搭載され車中泊にピッタリなモデルとなっています。

日産「NV350キャラバン
トランスポーター(ベッド付車) プレミアムGX」の主なスペック
サイズ 全長4695×全幅1695×全高1900mm
ホイールベース 2555mm
車重 1910kg
エンジン 2.5L 直列4気筒
最高出力 95kW(129ps)/3200rpm
最大トルク 356Nm(36.3kgm)/1400-2000rpm
価格(税込) 370万1500円

 ということで、「NV350キャラバン トランスポーター(ベッド付車) プレミアムGX」に試乗してきました! それでは、細かくチェックしていきましょ~!

NV350キャラバンの積載量をチェック!

 実際に使ってみて感じたのは、広さや大きさを極限まで追求しているということです。それでは、詳しく見ていきましょう。

開口部が大きい&積み込み口が低いので、大きな荷物の積み降ろしがラクチンなのが◎。ちなみに、小型貨物車4ナンバーバンクラスでナンバーワンの荷室広さなのだとか

158cmの私が立つと、こんな感じです。室内で着替えしましたが、狭いと感じませんでした

縦に寝転んでみましたが、頭上にかなり余裕があるので身長2m位の方が寝ても余裕がありそうです

横の幅はこんな感じ。私のサイズだと、横にも寝れそうです

ステップが付いているので、乗り込みやすいのもGood

ちょっと気になった部分

バックドアが大きいので、狭い駐車場で開けるときは、後ろの車にぶつからないように要注意。あとは、開閉に力がいるので女子は大変かも!

勢いよく開くので、小さな子供だとはね飛ばされてしまう可能性があるので気を付けて!

NV350キャラバンの運転席&助手席周り

 商業車とはいえども、使いやすいような工夫が沢山ありました。ドリンクホルダーのような、必要最低限の収納は用意されています。その中でも、これは助かる! と思ったポイントをご紹介します。

タイヤの真上に運転席がある&車高が高いので、乗り込むのにひと苦労しました。こんな感じ(私の足が短いというのもある)

降りる時は、タイヤの真上にあるステップに右手を付くと、お尻を打つ心配がないのでぜひ試してみて下さい

センターコンソールボックスの上にはお弁当などを置けるスペースが十分にあるので、車内でご飯を食べる時に役立ちました。蓋を開けると、中に携帯電話などを収納できます

センターコンソールのボタンが少ないので「あれ? このボタン何だっけ?」という心配がないし、ボタンも大きくて押しやすいのもGoodでした。エアコンの温度調節ボタン、リアヒーター&リアクーラーくらいしか付いていません

1番感動したのは、灰皿があるところです。喫煙者にとって肩身の狭い昨今、あえて灰皿を付けているということはユーザーに喫煙者が多いということなのでしょうか

ちょっと気になった部分

ドアの部分にあるドリンクホルダーは、微妙に斜めになっているので取り出しやすいという反面、缶だと1口飲んでからじゃないと溢れてしまうという難点が……。ちなみに、紙パックを置けるドリンクホルダーはありません

NV350キャラバンの後部座席

運転席側のスライドドアは手動でしたが、ドアは重くなく操作も楽チンです。個人的に、オプションで電動にする必要はないかなと思いました

窓はフルオープンという訳にはいきませんが、写真のように小窓があります。自動ではなく、レバーをギュッと引っ張って開ける手動式になっています

助手席側のスライドドアは、ボタンを押せば開閉できます。運転席にあるボタンでも、開け閉めできます

MAX2kgまで積載できる、引き出し式のテーブルがあるのも便利です

背もたれを倒して、座席を持ち上げ折りたたむこと、荷室がかなり広くなります

NV350キャラバンのシートアレンジ

 前席&後席ともに、シートが厚く座り心地が抜群でした。固くて弾力があるので、長時間乗っていても疲れません。

運転席&助手席は158cmの私が座って、こぶし5個分くらい頭上に余裕があります。後席は、足を伸ばしてもまだ余裕がある&頭上はこぶし4個分くらいの余裕があります

ベッドキットは、ベルトでとめて隅に収納できます。軽いので、組み立ても楽チン!

薄く見えますが、クッション性があるので寝転んでも痛くありません

ベッドキットを取り付けても下に収納スペースがあるので助かります

ちなみに、左右のシートはマジックテープ式になっていて取り外せるようになっています。外すと中に収納スペースがあります

 以上、今回は「NV350キャラバン」の長期レビューをしました! この記事では最低限押さえておきたいポイントを、動画では重箱の隅をつつくように詳しく解説&若干辛口コメントもしているので、ぜひご覧ください。

■関連サイト

筆者紹介:矢田部明子

 中学生の頃、クルマのメカニズムに興味を持ち工業高等専門学校に入学。専門的な知識を学んできました。もちろん、クルマに乗るのも大好きで「ランドクルーザー60→ランドクルーザー76」と乗りついでいます。最近の唯一の癒しは、週末にオフロードに出かけることです!

 クルマのメンテナンスなど工業高等専門学校で学んだ知識と経験を活かして、様々な角度からお役立ち情報をお届けしていきたいと思います。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ