このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第313回

8コア/16スレッドの“ゲームキング”はインテルか?AMDか?

GeForce RTX 3080の相棒にふさわしいのはどっち?Core i7-10700K対Ryzen 7 3800XTゲーム7本比較

2020年09月26日 18時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高解像度では逆転した「Horizon Zero Dawn」

 続いては「Horizon Zero Dawn」で検証する。画質は“最高画質”とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測した。

「Horizon Zero Dawn」1920×1080ドット時のフレームレート

「Horizon Zero Dawn」2560×1440ドット時のフレームレート

「Horizon Zero Dawn」3840×2160ドット時のフレームレート

 このゲームは設計にクセがあるせいか、GPUを強化しても最低フレームレートが落ち込みやすい傾向があるので、最低フレームレートよりも平均フレームレートを中心に見ていただきたい。

 まずフルHDの場合はほかのゲームと同様にCore i7-10700Kが優勢だが、WQHDで両者はほぼ同等、そして4KではRyzen 7 3800XTがCore i7-10700Kを上回った。解像度が上がってデータ量が増えた結果、PCI Express Gen4で揃えたRyzen 7 3800XTのほうが有利になったとも考えられるが、今回の制限時間内では確信に至るまでのデータは得られなかった。

 とは言え、4Kプレイ時はどちらのCPUも平均70fpsを超えており、快適指標の60fpsは余裕でクリアー。フルHDならCore i7-10700Kを選ぶべき結果だが、WQHDや4KならどちらのCPUでもプレイ感にそう大差はないだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中