このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第313回

8コア/16スレッドの“ゲームキング”はインテルか?AMDか?

GeForce RTX 3080の相棒にふさわしいのはどっち?Core i7-10700K対Ryzen 7 3800XTゲーム7本比較

2020年09月26日 18時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最低フレームレートに注目したい「Apex Legends」

 熱い人気を集めている「Apex Legends」でも試さないわけにはいかない。画質は各設定を最も重く設定し、起動オプションでフレームレート制限も解除(+max_fps unlimited)したが、実際のフレームレートは300fpsで頭打ちになる。射撃訓練場内の一定のステージを移動後、“バンガロール”のスモークを目前に展開し、スモークが消えるまでその中に留まるという一連の行動中のフレームレートを「CapFrameX」で計測している。

「Apex Legends」1920×1080ドット時のフレームレート

「Apex Legends」2560×1440ドット時のフレームレート

「Apex Legends」3840×2160ドット時のフレームレート

 平均フレームレートだけを見るとCore i7-10700Kのほうが全解像度で優秀だったが、このゲームではスモーク展開時は強烈にフレームレートが落ち込む。上のグラフにおける最低フレームレート(の1パーセンタイル点)はこのスモーク展開中に記録されるが、フルHD時はほぼ差がないが、解像度が上がると微妙にRyzen 7 3800XTのほうが落ち込みにくい結果が得られた。

 この理由がL3キャッシュの量にあるのか、PCI Express Gen4やメモリークロックの高さにあるのかまでは不明だが、Core i7-10700Kはすべてのシーンにおいて強い、というわけではないことがわかる。とは言え、いずれも最低フレームレートは190fps以上なので、144Hz駆動のゲーミング液晶ディスプレーを使っている限りは見た目にはわからない差ではある。

 Apex Legendsでも最低画質設定にした時のフレームレートを計測してみた。

「Apex Legends」1920×1080ドット、最低画質時のフレームレート

 描画負荷が下がったため、どちらもほぼ平均300fpsでプレイできたが、スモークの処理はRyzen 7 3800XTのほうが効率良くできる点が最低フレームレートの結果に影響している。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中