このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

最新パーツ性能チェック 第313回

8コア/16スレッドの“ゲームキング”はインテルか?AMDか?

GeForce RTX 3080の相棒にふさわしいのはどっち?Core i7-10700K対Ryzen 7 3800XTゲーム7本比較

2020年09月26日 18時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まとめ:いずれのゲームでもCore i7-10700Kが優勢、コストパフォーマンスでもRyzen 7 3800XTを降す

 では、ここまで得られた結果をレーダーチャートにまとめてみよう。各ゲームとも平均フレームレートに注目し、全体的に優勢だったCore i7-10700Kの結果を100%とした場合に、Ryzen 7 3800XTがどの程度の位置に付けているかをプロットしている。特殊な描画モードを使用した結果、つまりCoD:MWのDXR有効時やMHW:IBのDLSS有効時は集計外とした。

今回試した7本のゲームのうち1920×1080ドット時の平均フレームレートに注目したパフォーマンス比(Core i7-10700Kの結果=100%の場合)

同様に2560×1440ドット時の平均フレームレートに注目したパフォーマンス比(Core i7-10700Kの結果=100%の場合)

同様に3840×2160ドット時の平均フレームレートに注目したパフォーマンス比(Core i7-10700Kの結果=100%の場合)

 今回試したゲームではどのゲームでも、Core i7-10700KがRyzen 7 3800XTを上回る結果を見せた。Horizon Zero Dawnの4K時やApex Legendsの高解像度環境における最低フレームレートなど、Ryzen 7 3800XTが有利になるポイントはわずかに見られたものの、Core i7-10700Kの優位性を否定するだけの材料にはならなかった。また、実売価格においてもCore i7-10700Kのほうが4800円前後安く、コストパフォーマンスにおいても優秀であることは明らかだ。ゆえに、8コア/16スレッドCPUにおけるRTX 3080のベストパートナーはCore i7-10700Kで決まりだ。

 ただし、この結果をもって「インテル製CPUはゲーム向き」と大きな主語で主張するつもりはない。あくまでCore i7-10700KとRyzen 7 3800XTの対決の中、さらに限られた7本のゲームの中では、という限定的な局面において、Core i7-10700Kが有利だったという結果だ。また、RTX 3080といった最新ハイエンドGPUを使うと、360fps以上の超高フレームレートになる場合もあり、両者の差は肉眼では観測できないこともある、ということを忘れてはならない。

 RTX 3080のファーストレビュー時に、PCI Express Gen4とGen3をマザーボード側で切り替えて描画性能に違いが出るかを検証したが、その時はGen3でリンクするとごくわずかながら性能の低下が確認できた。しかし、今回の検証ではCore i7-10700KはGen3環境だったにも関わらずGen4でリンクしたRyzen 7 3800XT環境を大部分の局面で上回った。PCI Expressの帯域の差による微小なペナルティーが存在しても、インテル製CPUはクロックの高さで帳消しにできることが確認できたのである。

 第3世代Ryzenのほうが消費電力面やコア数の選択肢において第10世代Coreプロセッサーより優位に立っていることはこれまでの検証から明らかだが、、インテルも“ゲームキング”の座は簡単に明け渡すつもりはないようだ。今後チャンスがあれば、8コア/16スレッド以外のCPU対決にも挑戦したい。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中