このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第73回

リアルとオンラインのせめぎあい:

アップル「iPhone SE」キャリア発売延期の背景

2020年04月23日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●「オンラインだけというのは販売代理店への配慮もあって難しい」

 アップルは現在、アップルストアをコロナウイルス感染症の拡大防止のため、全店休業となっている。そのため、すぐに手に入れるには必然的にオンラインで予約、購入することになる。

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクにおいては、当初20日から予約を受付、27日から発売する予定であったが、突如、19日の日曜日になって、3キャリア一斉に「発売を5月11日に延期する」と発表。これにより、3キャリアではオンラインも店頭でも5月11日にならないと手に入らない状態となった。

 3キャリアが販売延期を決めたのは、総務省からの要請があったとされている。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、キャリアショップに対して営業時間の短縮などが要請されている。そんな中、人気機種のiPhone SEが発売となれば客が殺到しかねない懸念がある。

 各キャリアともオンラインショップでの新規契約や機種変更などで端末の販売もしているが、iPhone SEの販売をオンラインだけに限定すれば、キャリアショップを経営する販売代理店からの反発は必至だ。

 キャリア関係者は「やはりオンラインだけで売るというのは販売代理店への配慮もあって難しい。店舗で売れないとなれば、オンラインも延期せざるを得ない」と語る。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン