このページの本文へ

2020年夏に出荷予定

バッファロー、「GIGAスクール構想」対応の拠点ルーターと基幹スイッチ

2020年04月10日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

学校向けの拠点ルーター「VR-M2000-EDU」

 バッファローは4月10日、学校向けの拠点ルーター「VR-M2000-EDU」と基幹スイッチ(L3スイッチ)「BS-XM30シリーズ」を発表した。教育機関向けのみの販売となり、一般向けには販売されない。出荷予定時期は2020年夏で、同時期に受注を開始する予定としている。

 本製品は、文部科学省がGIGAスクール構想において指針とする「児童生徒1人1台コンピューター」に基づいたもの。文部科学省が2020年3月3日に更新した標準仕様書に「校内LAN構築業務標準仕様書例」として「(2)拠点ルータ」「(3)基幹スイッチ」に記載されている項目を満たす機能を搭載する。

 学校向け拠点ルーターVR-M2000-EDUは、IPsecに対応し、ネットワーク管理ソフトウェア「WLS-ADT」「WLS-ADT/LW」による死活監視、ログ取得が可能。WAN/LANインターフェースとして1000BASE-T対応LAN端子を搭載し、ルーティングプロトコルとして、Static、RIPv1/v2、RIPng、OSPF、OSPFv3に対応する。価格は8万9100円。

学校向け基幹スイッチ「BS-XM3008-2X-EDU」

 学校向け基幹スイッチは、「BS-XM3008-2X-EDU」「BS-XM3014-2X-EDU」の2モデルをラインアップする。いずれのモデルもSFP+端子、10GBASE-ER/LR/SRポートを搭載し(10GBASE-ER/LR/SRのトランシーバーは別売)、WLS-ADT、WLS-ADT/LWによる死活監視、ログ取得が可能。ノンブロッキングで、IEEE 802.1Qに準拠したタグVLAN機能を搭載するなど、校内LAN構築業務標準仕様書例の項目を満たすスペックを備える。

「BS-XM3014-2X-EDU」

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ