このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

SUPER GT 2019 GT300クラス観戦記最終回

チャンピオンは17年ぶりのARTAに! SUPER GT 2019終了!

2019年11月20日 16時00分更新

文● 松永和浩 撮影●加藤智充

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月3日にツインリンクもてぎで開催された「2019 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE」の決勝レースで、ついに今シーズンのチャンピオンが決定しました。

 チャンピオンの権利が残っているのはランキングトップの55号車(ARTA NSX GT3)、2位の96号車(K-tunes RC F GT3)、3位の4号車(グッドスマイル 初音ミク AMG)、4位の56号車(リアライズ 日産自動車大学校 GT-R)の4台。このうち、4号車と56号車は予選でポールポジションが取れなければ、その時点で権利を失うという厳しい条件。残念ながら、この2台はポール獲得ならず、決勝を走る前にチャンピオン争いから脱落してしまいました。

250kmの決勝レースでは数々の名バトルが生まれた

 そして3日の14時30分、栃木県警の白バイやパトロールカーの先導で交通安全啓発のためのパレードランが行なわれ、そこから1周のフォーメーションラップを経て決勝レースがスタート。ポールポジションの720号車(McLaren 720S)が好スタートを決めると56号車、65号車(LEON PYRAMID AMG)と上位陣は予選順位通りにマシンが続きます。

 その3台の直後では11号車(GAINER TANAX GT-R)と、ランキングトップでチャンピオンに王手が懸かる55号車、4号車の3台が上位陣に追いつくために激しいせめぎあいを繰り広げます。

 この争いから抜け出したのは11号車で一気に3番手に浮上。また、序盤にリードを築こうとしたトップの720号車に徐々56号車が徐々に近づきます。7周目の90度コーナーで56号車がインから抜きにかかると、すかさず11号車も720号車を抜きに出ます。ここで勢いをなくしてしまった720号車は55号車と65号車にも抜かれてしまい、トップから大きく陥落。

 またランキング2位でタイトルを狙いながらも予選は17位と出遅れた96号車は、スタートを担当した新田守男選手が混乱必至のGT300の中盤勢を破竹の勢いで抜き8番手までポジションを上げました。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ